岡部線探索記Ⅲ

デザートのケーキを頂き満腹感で「サクラ」を後にして次の目的地「横内駅」を目指したトリオは、
仮宿の陸橋を渡り、野原商工の東側の小路に入る。

左に高い背のフェンスを見ながら進むとグランドの中に小高い土を盛った様な物が有りました。
これが、廃線路の成れの果てです。
当時はこの高さで朝比奈川まで築堤が続いていたとの事です。

f0212142_412635.jpg


下当間の電柱ラインと葉梨川沿いの桜の木とこの築堤を結んだ線が岡部線となります。

そこから、現在の道路を斜めにクロスして廃屋の南側から朝比奈川の手前のお墓をかすめる様に進み
朝比奈川に出ます。

f0212142_453238.jpg


ここに、大相撲の標識がありましたがどんな内容だったんでしょうんね?

f0212142_445840.jpg


そして困難を極めた朝比奈川を渡った岡部線は当時どころか数年前をも忍ぶ事も不可能な感を持つ
横内地区に侵入する。

何時ぞや迄は廃線路を利用して細長く住宅が立ち並んでいたので探索は容易かったが、
現在では困難の一時である。

岡部線はこの標識辺りで川を渡り左に緩やかな弧を描き白鬚神社に向かって行った。

f0212142_4125036.jpg


ここの処で前回廃線路を読み違えてしまった。

さて、白鬚神社の所には保存会により岡部線を中心にした案内図が有るので探索には容易いと思う。

何か、この石畳が当時の駅をトレースしてある様に感じたのは考えすぎでしょうか。
f0212142_4154493.jpg


トイレ休憩も済ませ、国道1号線に沿うように進み、バイパスを潜りぬけるとそこからは
工場群、商業施設等で覆いかぶさり遠目で眺めるしか無い地域である。

f0212142_4191556.jpg


そして、高田薬局を左に見つめるとそこからまっすぐな小路を見つけることが出来る。

f0212142_4421785.jpg

ここが、岡部地区で唯一しっかり残っている歩ける廃線路となる。
が、入り口のお宅が出っ張っているような感じは何故なのかは判明していない。
宝典ではややカーブしている様にも感じられるので現在の姿のままでないことは確かと思う。

f0212142_4242693.jpg


私道と思われるこの小路は手が入っていない関係で昔を彷彿させる箇所があり、何とも風情を感じさせる場所である。

その小路を抜けると嘗てのマム、現在のKOマートがそびえ立っている。
岡部線は駐車場と建物の間くらいをその進み、小学校に突き当たる。

ここに、それらしい空間が有るがこれは単なる空き地で隣のお宅を斜めに突き抜け

f0212142_430921.jpg

サッカーゴールの辺りから町民センターに向かっていく。

そして、小学校を左目に進むととうとう到着しました。
あの「駿河岡部駅」です。
大凡、玄関辺りに駅が有りました。

f0212142_4393315.jpg

建物で全景は臨めませんが宇津ノ谷の山筋が当時を物語っております。

大手から、約4.8kmの探索でしたが、路線、駅後が確認でき09年度版の住宅地図に落とすことが
出来ました。

これも、阿形先生のご指導の賜物と感謝しております。
また、現役鉄道マンのo氏によるプロとしての図面の読みが確信に繋がりました。

ここに、お二方に厚く感謝を致します。

で、帰りはなかなか来なかった中部国道線のバスで帰りました。
[PR]
by micmacbig | 2010-11-28 04:45 | 駿遠線関連 | Comments(4)
Commented by pul-4 at 2010-11-29 12:39 x
岡部線は昭和11年の早い時期に廃止の割には結構残っていますね。
しかし、時代の波には勝てず…ということでしょうか。

せめて水守駅には何か残せないものでしょうかね。
Commented by micmac at 2010-11-29 18:12 x
民地ですので う~ん 難しいと思いますよ!
御理解の有る方ならば・・・
Commented by pul-4 at 2010-11-30 22:46 x
そうですよね。
ここに駅があったなんて思う方はまず少ないでしょうからね。

僕がそこに家でも建てれば駅跡地の標を建てるんですけどね(笑)
Commented by micmac at 2010-12-01 02:40 x
やった~ それですよ!
買っちゃいなよ。あそこなら坪30出せば良いと思います。
そして、駅標を建てる。!!
決定ですね。
<< 新・ミナミの帝王 岡部線探索記 Ⅱ >>