吉田の八幡神社

渦中の火の見櫓を見に久々の大幡入りです。

この辺は大きな改変が無く、まだ当時の様子が漂っている地域になります。
これで、神戸駅付近に行くと東名からの取り付け道路の開発で完全に浦島太郎になってしまいます。


問題の櫓は昨年の夏ごろ老朽化で危険な為撤去されました。
大切な昭和の生き証人がまた一人姿を消しました。
大変残念なことですね

南側から線路を挟んでの場面です。
f0212142_917108.jpg


これが、廃線路となります。
現在は、大井川から自転車・歩行者専用道路として神戸駅に向かっています。

f0212142_921353.jpg


大幡の八幡神社です。
この地区の象徴です。
このすぐ横に火の見櫓が立っていました。

f0212142_9201964.jpg


f0212142_9203147.jpg

[PR]
by micmacbig | 2011-05-20 09:22 | 駿遠線関連 | Comments(0)
<< 買い占めました 今宵の食卓 >>