池新田から奥山まで

うすら寒さがまだ残る昨日ですが阿形先生の出陣式に参加した後、U氏、 O氏と共に堀之内軌道、光明鉄道、奥山線とピンポイントですが何と3線の探索に行きました。

先ずは、先週確率出来た池新田地区を軽く流しトンネルに向かいました。

f0212142_159628.jpg

すると、先週では薮が凄くてとても行けなかったんですが、何故か我々の為に刈ってくれた様に端の方が行き易くなっていました。
 でも、掻き分け掻き分けですが。

f0212142_1595287.jpg

地面も段々緩く抜かるんできました。
長靴を一応持って行ったんですがそれほどの必要性は無かったです。
どうですか!この見事な廃線路は!!!

f0212142_15114867.jpg

そして、トンネルの開口部まで行き着く事が出来ました。

f0212142_15122973.jpg


あ〜 このトンネルを潜って行ったんだな〜
でも、かなりの勾配だから途中で止まるのもこれじゃあ止む終えないですね。
何とか整備して行き易くすれば観光の名所となるんじゃあないでしょうか。

でも、詰らなくはなっちゃうけれど・・・・・

そこから磐田に足を向け光明鉄道を見て、奥山線に向かいました。
この光明鉄道については城東電軌さんのブログに詳しく書いてありますよ。

急ぎ足で奥山線に向かい谷町の鉄橋に行きました。

f0212142_15152770.jpg


f0212142_15163620.jpg

何時ぞやの新聞にも載っていました。
奥山線のNo.1の有名遺構らしいです。
廃線路も車道として多くが残され堪能できますよ。

駿遠線もそうですがこの奥山線はチャリ探索がベターと感じました。
特にこれからの季節は。

金指以南は殆どが道路や宅地となり遺構を見つけるのがなかなかですが引佐に入ると結構な物が有りますね。
この都田川の孫にあたる神宮寺川の鉄橋もそうですね。

f0212142_1518171.jpg

ちなみに奥山線はこの神宮寺川と井伊谷川と都田川と名前の違う川を3回渡っています。

四村に少し前まで駅舎が有ったそうですが、現在では有りませんでした。

観光地である竜ヶ岩洞の中に説明板は有りませんですが恐らく神宮寺川に掛かっていたと思われる線路部分が有りました。
左右がオフセットしているのが特徴です。

f0212142_15195317.jpg


そこから、先ほどの県道に戻り神宮寺川の橋を覗き込んで竜ヶ岩洞に有った此所に掛かっていたんではないかという橋桁を見て来ました。

f0212142_15211312.jpg

向こうまで行こうかなと思いましたが、私は引けてしましたが流石のO氏です。
何のためらいも無く忍者のごとく向こうまで行ってしまいました。

f0212142_1522786.jpg


こんなのも有りました。橋脚の上を撤去せず道路を造ってしまったんですね。
カーブしていますのではみだしてちょうど階段の様になっていました。

f0212142_15243357.jpg


公民館の前に奥山線の案内が立っております。

f0212142_1648075.jpg


この茶畑の所が線路跡だと農作業をしていた方から教えてもらいました。

f0212142_16502112.jpg


そこを左に曲がると奥山線の最終駅である現在バスターミナルとなっている奥山に到達しました。

f0212142_15251746.jpg


関係あるのか解りませんですがレールが無頓着に置いてあります。

f0212142_15263021.jpg

その右手には雉鍋が有名な(?)奥山半僧坊が控えております。

世が世なら金指から天浜線が分岐してこの奥山線として半僧坊に来たんでしょうが時代の波なんでしょうね。
1964年  中遠線と同じ頃その歴史を閉じました。 合掌!
[PR]
by micmacbig | 2012-04-09 14:47 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 桜も終盤となりました。 雛祭り >>