泉川の枕木  真相

先日の探索で泉川に架かる現在の橋に駿遠線当時の枕木が使用されているという説が
実は現在では使用されていない事が判明しました。

f0212142_851732.jpg


当然、当方も何の疑いも無くそれを信じて友人、知人にもこの橋の枕木は当時の物ですよ・・と説明していました。
で、そこは鉄道のみならず土木工学にも強い城東電軌さんです。
以前からその存在に疑問を持っていてその疑問を当日解消しました。
長さもしっかり計り川の中迄入り込んでその真実を確かめました。

f0212142_850172.jpg


流石長年に渡って鉄を愛されて、様々な分野に造詣の深い城東電軌さんです。

お恥ずかしながら其の分野には疎い当方にはその説明が完全に理解出来るのに時間が掛かりました。
色々な情報がその間侵入してきて混乱をも引き起こしました。

で、出た結論が現在の枕木は当時の枕木とは異なる!  です。

駿遠線関連の方々からお聞きした枕木情報は、橋梁用は200mm×200mmの断面の枕木を使ったそうです。
また、旧国鉄でも規定があります。

国有鉄道で使用する枕木の寸法は次の如く定めている *28 。
第11表 枕木の寸法
長さ(cm)幅(cm)厚(cm)
並枕木213 20 14
橋枕木213~274 20 18~23
分岐様枕木220~400 23 14

これは、線路ではじゃりで加重を受けていますが橋ではそれが無いため枕木が全てを受けなくてはならないので太い枕木を使用しているそうです。

此所からも駿遠線の枕木が合致しております。

ところが、現在有る枕木を見てみると断面の姿に違いが見えます。
200mm×140mmなんです。
俗にいう「並枕木」です。

f0212142_852889.jpg


鉄の大先輩でありますけんいちさんが当時の写真を撮られております。
この写真の枕木を見ると寸法こそ解りませんが断面は正方形と思われます。

f0212142_8545410.jpg


f0212142_912099.png


お聞きした枕木の寸法と写真の断面とは合致しております。

従って、現在有る枕木は当時の枕木とは異なる事は証明されます。

では、何時頃からその様なお話しになったんでしょうか?

これは、市役所の記録も無く関連者の記憶も歴史に葬られておりますのでその真相はミステリーです。
まあ、ここに駿遠線が通っていたから恐らくそうであろう!とかそうであって欲しい!とかが入り乱れて其の様なお話しになったんではないでしょうか。

鉄道史のみならず歴史的な過去の事象は其の時点に戻る事が不可能な物なので推測やら憶測が入り込み歪な物に発展する事は多々有る事でこれもそんなんかな!と感じました。

でも、心の中では駿遠線の枕木なんだよと思い続けたいですね。
[PR]
by micmacbig | 2012-06-05 09:04 | 駿遠線関連 | Comments(6)
Commented by 上新田在住 at 2012-06-05 13:26 x
私も当時の枕木とばっかり信じていました。
恐らく他の方もそうじゃないですか。
確かにそう言われれば違いそうですね。
次回見に行ってきますよ。
Commented by やぶお at 2012-06-06 07:08 x
やぶお

次々と事実を明らかにされていくBEN-KEI-SHI警部殿の捜査力にきょうも脱帽です。

駿遠線跡の現存する枕木にそんな秘密が隠されていたとは・・・
当時の枕木とは別物だということが証明されて、
残念な気がしますが、
後世に向けて遺構の真実を伝える意味でとても大切なことだと理解しました。

なるほど、警部がお撮りになった最新の鉄橋画像を拝見すると、
普通の枕木を乗せて、
その上から道路用の路面をつけたために、
高さがたりなくなり、鉄板で二枚ほど嵩増ししているようすが見てとれますね。
橋梁用の切り口が正方形の枕木を使えば、こんな面倒なことをしなくてもすむのに、
わざわざ鉄板を下に乗せているところに、
廃線後手が加えられたことを証明していることになりますね。

そう考えると、この枕木はいつどこで調達したのかということになりますが、
あるいは静清線の電車線枕木のお古を持ってきたのかもしれませんね。

素人にはどうでもよいことを追求される警部殿とそのお仲間・・・
なんと生きがいのある人生でしょうか。
これはもう男のロマンでありますね!!
Commented by BEN-KEI-SHI at 2012-06-06 07:56 x
☆上新田在住様
 残念とも言うべき事象です。
発表することを躊躇しましたが事実は事実で書かせて頂きました。
確かに見れば本当に当時の物かな〜?とは写りますが、・・・

でも、心の中ではそうなんですと認めてやりたいですね。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2012-06-06 08:01 x
☆やぶお様
 先般は間違えた説明をした事となって申し訳ない次第です。

でも、それを疑問視てしていて解決に導いた「城東電軌様」です。
彼の提案が無ければ現在も駿遠線の枕木です。
私は其の結果を独自で調べただけです。

ひょっとしたら、けんいちさんはそれを見据えてこのお写真を撮られたんでしょうか・・・・
Commented by 御前崎 at 2012-06-06 17:24 x
枕木の追究、関心を持って、読みました。
どこかにないですかねぇ。駿遠線の枕木。手に入れたいです。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2012-06-06 23:54 x
☆御前崎様
お読み頂き嬉しく思います。
足りない点多々と思いますが気がついた点を羅列しております。

う〜ん 枕木ですか????
郷土博物館に有るのは確認しておりますが・・・

例に因って眠っているのが有ると思います。
何とかして入手したいですね。
<< 本日聞いたお話 焼津市の軽便ウォーク 本番 >>