奥山線 都田〜祝田間 強行突破

以前から行きたかったジャングル地帯とも言える奥山線の都田口から祝田迄を何とか歩いてみました。

この区間は寂しい山中を通っていました。その間有った家も2,3軒とも言います。
こんな寒村に谷駅が有ったのは大変不思議ですが、大株主が住んでいたとの事。
良く有る話ですよね。
岐阜の羽島駅みたいですね。

先ずは中央図書館で「土地宝典」を紐解いてみましたが欲しい場所は見受けられませんでした。
係員の方からこんな資料を頂きました。
大変貴重な有意義なる資料です。

f0212142_7184585.jpg


f0212142_719945.jpg




さて、都田駅からスタートします。
ここには、生活道路としてある程度の区間が残っております。
この空き地の所を斜めに進みながら道路に侵入します。

f0212142_7204159.jpg


が、ここから高低差が厳しくなっております。
金指駅とは数十メートルのある高低差をあの非力な軽便が上り下りするんですから大変な場所と言えます。
この辺りから掘り割りの中を進んでその高さが大きくなって行きます。

程よいカーブが廃線路を物語ってきますね!

f0212142_7212682.jpg


が、それもつかの間の夢、現実が待ち受けています。
宅地化された一画が眼前に現れてきました。
やや右側に道が有りますがそれは後代の道です。

f0212142_825837.jpg


f0212142_7225081.jpg


その道を真っすぐ進むと作業小屋?にぶつかりますがその右側に何とか歩ける部分を見つけられますがそこが廃線路となります。

f0212142_7282162.jpg


f0212142_729623.jpg


歩いてみました。ややこれからを象徴するように草が生い茂り行く手を拒んでおります。
階段が有りますが何なんでしょうか?

f0212142_7301412.jpg


河川の担当者が川面に降りるためなんでしょか?
下迄降りても意味も無いと思い引き返し大回りをして、しんごうじ橋の所にやってきました。
かなりの高低差です。

f0212142_7332291.jpg


f0212142_7353290.jpg


ここからも都田口までの大変さを感じます。

そこから谷駅方面を見ると使わなくなったビニールハウスの横にそれらしい線を感じます。

f0212142_7362396.jpg



自動車道を歩いて行きます。
段々とその姿が左側に垣間みれます。

f0212142_7371369.jpg


しばらくすると築堤が見えます。
上がってみようと思いましたが何と言ってもこの季節!草木が生い茂り断念!!

f0212142_864797.jpg


そのまま車道を進み、草木の間からちらりとしか見えない例の鉄橋の遺構を見ながら谷駅の位置を進むと中電の係員用なんでしょうか 階段が現れました。

f0212142_7422258.jpg


この階段を登り廃線路に降り立ちました。

が、やはり何と言ってもこの季節。
この時点からブッシュ ブッシュ ブッシュ、
そりゃそうですよね、通る人も無い場所ですから どうぞご自由にお育ち下さいですから・・・

f0212142_7433178.jpg


f0212142_7435833.jpg


f0212142_7442561.jpg


やがて道も無くなり山の斜面、尚かつ縦横にアートする木々。
真っすぐにも進めず、斜面を右に 左に、地面もぬかるみが有ったり。

f0212142_7451313.jpg

それを予想してこの姿で進んでおります。
右手には釜を持ちながらでは知らない人が見たら危険人物かも・・・

f0212142_740363.jpg


頑張って牛歩の歩みで進んで行きましたがあまりのジャングルが聳えここでリタイア!!
う〜ん 残念!!

f0212142_7461286.jpg


今度は冬に来よう〜〜〜
進むも地獄 帰るも地獄 

車道と隣接していて音が聞こえますし民家も傍ですので木々の間から確認出来ますので
安心ですがそう出なかったら不安モード一杯でした。

f0212142_7472165.jpg


何とか元の場所に戻り車道を進みながら先程歩いた箇所を確認しながら行くと、程なくした所に
橋が有りました。
何の為の橋かは解りませんが兎に角渡りました、

f0212142_7481794.jpg


すると右に進む道が有りました。

f0212142_7485669.jpg


先程とはちょっと低いなあ?とは思いましたが兎に角進んで行くと車道に合流します。
??と思いながら前を見ると公園が有りました。
そしてその公園の後ろ側が何か怪しいな?と思い行ってみるとそこに歩ける道が有るではないですか。
看板が立っております。

f0212142_7495659.jpg


その道を逆に戻ると何と橋を渡った場所迄行けました。
斜めに上がる道が有るではないですか!
それに気がつかなかったんですね。

が、その先を見てみるとジャングルが聳えております。
先程断念したジャングルです。

f0212142_752260.jpg


また、逆走して公園に向かいます。
大きな遮断壁が有りこの先は先ず侵入出来ないでしょう。

f0212142_75246100.jpg


諦め車道を進みながら団地の奥側に有る廃線路を横目で睨みながら進んで行きます。

f0212142_7533938.jpg


程なく行くと257号線が出現します。
廃線路はこの築堤を進みながら257号線に合流して行きます。

f0212142_7543030.jpg


田圃の中の大築堤を進んで「祝田駅」に進んで行く姿は当然現在では想像すら出来ない姿です。
この辺りは佐倉から進んで「桜ヶ池駅」に突入する辺りの姿を彷彿させます。

冬場でも厳しいこの地域 ヤブ蚊に歓迎されながらでしたが行って良かったと感じております。
[PR]
by micmacbig | 2013-05-24 08:07 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 見た事の無い若大将のピアノコン... 6月1日のテレビ放映 >>