「自主運行バスに乗って」開催

あの猛暑の中でしたが予定通り焼津市企画の「軽便鉄道と周辺の史蹟巡り」が行われました。

f0212142_824482.png


f0212142_8214657.jpg

午前9時に大井川庁舎に集合してバスの関係で定員20名のメンバーです。
元々、自主運行バスの推進がテーマですのでコースは決まってしまいます。

f0212142_8171811.jpg


f0212142_8184876.jpg


17分発のバスで一路富士見橋バス停迄行き、其処から河原に降りました。
最初に有名何処ではあります「橋台跡」の見学からスタートです。
聞くと袋井まで行かれた方も居て貴重なお話も聞けました。

そこから旧堤まで旧大井川駅の説明等しながら下瀬越えの碑まで進み、田沼古道との相関関係を話して坂を下りここに築堤が有ったとは思えないの声でした。

大井川駅から中途用地杭を見ながら例の泉川の橋で如何に軽便が小さかったかを理解して頂きました。
平坦なコースなので歩くのもそんなには辛く無かった様です。
また、昨日は風が気持ち良く吹いていて何よりの状況でしたね。
これが無風状態なら・・・ 考えただけでもゾッとします。

相良街道をクロスして田中川の橋台跡を見ながらここから史蹟巡りに向かいます。
先ずは1803年創業の「多々良酒造」。先般の地震でかなりのダメージを受け、以前はミニコンサート等が行われていましたが、現在では使用不可の状態です。
でも、流石江戸の建物! この梁の凄さ!度肝を抜かれますね。

f0212142_8181479.jpg


f0212142_8193873.jpg


其処から舟形屋敷で有名な「青野邸」。ここではご主人がその歴史を説明してくれました。

説明も終わりご主人に別れを告げ、最終とも言える「上新田駅」を進みます。
惜しむらくは土地改良でその痕跡が無き事でジグザグ現在の道を進みます。
「上新田駅跡」を車の往来が激しい場所なのでちらりと見ながら「子安神社」にて時間も若干余裕が有りましたので5分程総合的なお話をして最終バス乗り場までひたすら歩きました。

兎に角風が吹いていたのが最高でした!
ほんとこの風が無かったらと想像するとゾッとしましたね。

バスで大井川庁舎まで戻りそこで皆さんとお別れをしました。
興味を持って今度自分で歩いてみるよ!とのお話も有りましたので嬉しかったですね。

この内何人かが新たな駿遠線に興味を持って頂いたらと願いながら帰宅しました。

当日用のテキストです。

f0212142_8271730.png


f0212142_8435269.png


f0212142_8442386.png


f0212142_8445195.png


f0212142_8451139.png


f0212142_845288.png


快く貴重なお写真を許可して頂いた上條氏に心より御礼を申上げます。

又焼津市の職員の皆様 暑い中を本当にご苦労様でした。
[PR]
by micmacbig | 2013-07-12 08:49 | 駿遠線関連 | Comments(4)
Commented by 御前崎 at 2013-07-12 11:07 x
暑い中、大変でした。
建物の中の見学。貴重ですね。
参加者に袋井まで歩いた人がいるとは。駿遠線が広がってきましたね。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2013-07-13 06:43 x
御前崎さん 本当に暑かったです!!!でも、当日は心地よい風が吹いていたのでそれに救われました。あの風が無かったら様子が変わっていた場面が有ったかもしれませんねしれませんね。何事も無く終了した事が大変と嬉しく思っておりますよ。
Commented by やぶお at 2013-07-14 05:51 x
BEN-KEI-SHIさんが講師を務められてというバスツアー・・・
これは私も行きたかったですね。
一見、焼津市と軽便が結び付きませんでしたが、
平成の大合併で大井川町は焼津市に編入されたのですね。
それで合点がいきました。
パンフレットも拝見しました。
軽便の遺構だけでなく、屋敷巡りも組み込まれるなど、
興味深い内容ですね。
警部どのお得意の、航空写真や地図、参考写真を散りばめてビジュアルに展開・・・すばらしいなあと思いました。
ぜひ阿形氏とよきライバルの軽便研究家として、
これからのご活躍を応援したいところです。
(いつかは曽根氏とバトンタッチして、安倍鉄道の講演も)
大勢の参加者が集まったようで、改めて軽便に興味のある方が多いなあと思いました。
また秋にでも再企画がないでしょうか。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2013-07-14 09:40 x
やぶおさん お恥ずかしい次第でしたがお陰で好評とのお話でした。
在り来たりのコースでしたが改めて歩くと今迄見えなかった箇所とかが見えますね。安倍鉄道も再度チャレンジしてみたいです。
<< 昨日の日経新聞 いよいよ開催 >>