秋葉線

機会が有りまして当時駿遠線で働いていた方からお話を聞く事が出来ました。
何にせよ昭和の30年代の事。
現在の職場環境とは異次元の世界。週休二日制等とは縁の無い時代でしたので
かなりお仕事は大変だったらしいです。

袋井の方でしたのでその後秋葉線の跡をピンポイントですが追ってみました。
元々道路上を走っていた併用軌道でしたのでその痕跡は県道に拡幅されて微塵だにもない秋葉線です。
駅から斜め右に進んで原野谷川を超えるとそこに廃線跡がお迎えをしてくれました、

f0212142_1821282.jpg


昭和50年代には橋が残っていたそうですが現在では見る影も無いです。

そこから、太鼓橋を渡り県道に突入する迄の数メーターがかろうじて都市計画の波に飲み込まれなかった秋葉線です。

f0212142_1823573.jpg


f0212142_1825267.jpg


この太鼓橋の橋桁は当時のままだそうです。

f0212142_1831642.jpg


f0212142_1833448.jpg


石松電車の愛唱で呼ばれていた秋葉線。
又次回行ってみたいと思います。
[PR]
by micmacbig | 2013-11-25 18:03 | その他の鉄道 | Comments(6)
Commented by ムッシュ・Y at 2013-11-25 23:04 x
こんばんは。秋葉線は駿遠線以上に、色々難しいんでしょうね、辿るのは。
わたくしは日曜、小堤山〜落居間を歩いて来ました。
最近は、積極的に軽便跡を歩いております。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2013-11-26 05:48 x
おはようございます。先日のコースを早速行かれましたね。
天気も良く最高のウォークでしたね。
あの区間は歩き易くそこそこの面影も有りますので!
旧の落居駅跡は見られましたでしょうか。
次は落居〜堀野新田でしょうか?
来月の23日に何かしようと考えております。
良き案が有りましたら御教授下さい。
Commented by ムッシュ・Y at 2013-11-26 10:07 x
こんにちは。
しばらく前に、玄保〜地頭方間を完歩しましたので、今回はその続きでした。
当然、杭等をチェックして歩きましたが、なにぶん、歩くのは初めてのコースだったので、見つけた杭は、自分にとっては全て新発見でしたね。
特に豚と衝突した橋から、少し北へ行った所の民家の杭、完全に敷地の中でしかも、垣根の内側だったので、見方によれば難易度は高いですね。落居方面からだと、角度的に見落とすと思います。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2013-11-27 05:24 x
いや〜ムッシュさん その杭に付いては存じなかったと思います。木曜日に行ってくる予定ですがMVP物ですよ!
Commented by ムッシュ・Y at 2013-11-27 07:57 x
おはようございます。
杭、存じあげませんでしたか!
百戦練磨の田沼様の事、当に知っているだろうと思っておりました。 笑
その民家には、二本、杭があり、一本は垣根の根元、そしてもう一本は、垣根の内側で主屋近くです。
よく残してあるなあ、と思いました。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2013-11-28 11:01 x
本日行ってきましたがムッシュさんのおっしゃる用地杭は時間の関係もあり見出せませんでした。
次回の挑戦とします。
余談ですが、駅跡の地面を掘れば駅の基礎が見えるよとの話を以前近隣の方から伺いました。
掘りたいな〜〜 無理だけど!!
<< 須々木駅の用地杭 草薙駅が変わって行く >>