久々の佐栗谷トンネル

御前崎の帰路久々に堀之内軌道の名遺構である「佐栗谷トンネル」に会いに行ってきました。

f0212142_621143.jpg

廃線後長い期間そのままの状態でしたので例に依ってジャングル化して行く手を遮っており、辿り着くのは用意ではなかったトンネルです。
こちらとかそちらです。

そんな中、地元の方々が草木を刈り取りトンネル迄の歩道?を作ってくれました。
お陰で行き易いですね〜。

f0212142_6105753.jpg


先般行った時は端の方を掻き分け掻き分けようやく辿り着く事が出来ましたが今回はまるで散歩している感覚で行けましたよ。

でも見ると廃線路とは思えないですね。
まるで河川の様相です。
ゴミは散乱しているし。

f0212142_611553.jpg


f0212142_613951.jpg


トンネルの中は以前と変わらない様です。
ぬかるみは深く奥迄続いております。
とても簡単には進めません。
胸迄有るゴム長でもして行かないとですね。

f0212142_6123920.jpg


イギリス積み(?)でしたっけ、レンガは幸か不幸かジャングルによって綺麗な保存状態です。
このままの姿をこの先も保って欲しいですね。
一番危険なのは不法投棄や落書きやらが心配です。
自分さえ良ければという輩がいるからです。

田沼古道と同様物見遊山で行ったりしないで頂きたいと願っている次第です。
[PR]
by micmacbig | 2014-03-07 06:18 | その他の鉄道 | Comments(2)
Commented by 日本3大歩鉄 駿遠線 at 2014-03-07 16:04 x
トンネルの内部が、よくわかりました。入口のレンガが、きれいです。
よい活用法、利用法がないものでしょうか。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2014-03-08 07:26 x
私もそれを最大限に考えます。が、心配の種はやはり物見遊山の方々が訪れ現状を変えてしまう危惧です。
中にはペンキで落書きする輩が居りますし。
まあ、あそこでバーベキューしようとは思わないですが。
<< 終焉の臥竜梅 判明しました。 >>