藤枝おんぱく

以前お伝えした「藤枝おんぱく」に参加する事が出来ました。
8時10分 横浜からのS氏と共に郷土博物館に行き、皆と合流。そして受付してバスにてスタートです。
藤枝駅から乗る人を拾い、先ずは新幹線のこだま高速度実験の場所を確認。
説明は「新幹線原点のまち藤枝を伝える会」の山内氏。
詳しい中に流暢なユーモアとツッコミを交えたトークに皆さん満足した感です。
どうしてもこの様な説明はとかく知識の押し売りみたいな場面を良く遭遇しますがツボを得ていて良かったと思います。

当時の様子は以前もお伝えしましたがこちらが宜しいです。

先ずは一里塚の場所での説明です。

f0212142_6145825.jpg


そしていよいよ踏切に、

f0212142_6165810.jpg


この上りの線路で実験が行われました。

f0212142_6211682.jpg


一里塚の説明板です。(後ろの参加者にはプライバシー保護の為マスクをかけさせて頂きました)

f0212142_6402144.jpg


そして、163kmの記録を出した瀬戸踏切です。

f0212142_6415513.jpg


f0212142_6422021.jpg


新幹線を体一杯堪能したツアーは場所を藤枝駅に移し、明治22年開通時より重要なファクターとして存在していた赤煉瓦倉庫を見学。(存在は知っていましたが見るのは初めてでした)

f0212142_646438.jpg


f0212142_6471366.jpg


そして、舞台を駿遠線に移し帰路を博物館に進めます。
青島東小からウォークとなり藤枝本町駅迄晴天のもと歩きました。
我々は中途瀬戸川駅での陸橋の存在を確認しながら進みましたのでいつの間にか最後尾!
そして、新発見!
今迄何度と無く通っていた道沿いなんですが気がつきませんでした。
何とこちらの駐車場のフェンスはレールで支えられております。
大手線のレールかとかは今の所不明ですが、今後の課題です。

f0212142_65448100.jpg


もうふじも終焉を向かえております。

f0212142_6592389.jpg


そして執着地点の元藤枝本町駅舎ですがこちらも終焉を間もなくです。
何とかして現状を保ちたいですね。

f0212142_6585872.jpg



尚、以前は気がつきませんでしたが良く映像を見るとこだまが藤枝駅に到着した
その前方に駿遠線の跨線橋がかすかにですが映っております。
(良〜く見ないと分からないかもですが)
[PR]
by micmacbig | 2014-05-12 07:03 | その他の鉄道 | Comments(2)
Commented by 日本三大歩鉄 駿遠線 at 2014-05-12 08:07 x
藤枝の鉄道史蹟のエッセンスをめぐる充実した企画でしたね。レールを使った駐車場の柵には、驚きです。駿遠線のレールでしょうねぇ。
Commented by BEN-KEI-SHI at 2014-05-13 06:27 x
日本三大補鉄さん 絶好すぎる位の天候で良き一日でした。一里塚の位置もまさかあんな所に有ったとは思ってもいませんでした。
そうですね、まさかレールだったとは!今迄何度と無く通った場所ですが全然気がつきませんでした。最大のトピックスでしたね。
<< 「自主運営バスに乗って」2014 瀬戸川駅付近の陸橋 >>