姿三四郎と駿遠線

あの柔道家である「姿三四郎」と駿遠線と接点が有った事を本日知りました。
その元となったブログがこちらです。

衝撃と言うか驚愕と言うかで早速**ヤに飛んで行きました。
で、有りましたね。
早速再生してみると最後のエンディングの場面ですがしっかりと乗車している場面が映し出されております。

f0212142_1437542.png


f0212142_14362317.png


f0212142_14365795.png


f0212142_14371660.png


f0212142_1437183.png


f0212142_14392955.png


f0212142_14401068.png






そして、外観が映されドラマは銀幕を下ろしますが、今更ですが初めて知った事実です。

この軽便は中遠鉄道のバグナル2号との事ではっきりと中遠鉄道の社紋が側面に飾られております。

中遠のバグナルは浅羽記念館にレプリカとして再現され、
また藤相鉄道はコッペルで藤枝郷土博物館に鎮座されている事は著名な話である。

また、上記ブログに依ると>中遠鉄道と藤相鉄道は昭和18年5月15日に当時の陸上交通事業調整法により静岡電気鉄道を母体とした統合がなされ,五島慶太が代表者になりました。東京近辺の私鉄が統合されて大東急になったのと同じ経緯ですね。で,映画の公開は3月23日ですから撮影はその直前と考えられるので,多分この映画が動く中遠鉄道を記録した最後のものと云って差し支えないでしょう。
との事は初めて知った事実で、歴史の一面を垣間みました。

是非皆様も通販、レンタルショップでご覧下さる事を願います。
[PR]
by micmacbig | 2014-08-28 14:40 | 駿遠線関連 | Comments(0)
<< 大井川鉄道かわね路乗車 第5回だいとう・おおさか軽便ロ... >>