駿遠鉄道と藤相鉄道

100周年を前年向かえた駿遠線の前身である「藤相鉄道」であるが、それより先に免許を受けた焼津から中泉迄を結ぶ「駿遠鉄道」が有った事は歴史的にも証明されている。
が、このルートに関しては不明のままである。

表れているのは海側を通り中泉に向かう位です。
それと、短命であった「相川駅」を合流駅として想定されていた。

そんな中先日「静岡県歴史文化情報センター」にてとあるデータを入手した。
それは藤相鉄道と駿遠鉄道の相関対比した路線図らしき図面です。
著作権の関係でそれをここで出す訳にはいかないがラフスケッチ的なその図面には
細江、静波間で両鉄道が交差してる様にも取れる。

平面交差なのか立体交差なのかは不明だが大変興味ある図面でした。

歴史にもし?は存在していないが両鉄道が存続していたら・・・
私的にはダイヤモンドクロスで交差している場面を想像したい。

推測論ですが此所と思われます。

f0212142_649364.png

[PR]
by micmacbig | 2015-01-28 06:49 | 駿遠線関連 | Comments(0)
<< 米持氏の写真展 明日 >>