こちらは謎ではありませんが 相良の石

相良をネットサーフィンしていたらこんなのに出逢いました。

どんな物か確かめたく早速相良入りしました。
資料館の方と連れだって現場に行って見ると、果たして花壇の石として形成さえていました。

f0212142_9102374.jpg


f0212142_9104853.jpg


が、ここで???
このでこぼこの石が何の様にして駿遠線に使われていたんだろうか?
これを細かくしてバラストとして使っていたのかな???

で、教育委員会の方に聞いてもらいました。

結論は相良地区の廃線跡横の山を保持していた石垣が地震で崩れ、その石を活用して
職員さんがボランティアで花壇の土留めの石としたそうです。

心暖まるお話ですね。
直接駿遠線ではないですが、駿遠線の線路を守っていてくれた石達ですので貴重な遺構として
認めて挙げたいですね。

場所は150号線から萩間川に沿って北上して歩行者専用道路に入った直ぐの所です。

崩れた時の画像も有りますが著作権の関係も有りますので現在の写真です。

f0212142_915486.jpg


f0212142_9152566.jpg


只公道とはいえ学校のグランド際ですのでその点はご留意下さいね。
牧之原K**が来ても当方とは関係は御座いませんので・・・(笑)
[PR]
by micmacbig | 2015-05-30 09:18 | 駿遠線関連 | Comments(2)
Commented by まきのはら at 2015-05-31 10:19 x
崩れた石垣の場所・・・
よくそこまで調査してくれました。
相良のお不動山への入り口ですね。
2週間ほど前に所要の合間に歩いたところです。
Commented by micmacbig at 2015-06-01 05:59
まきのはらさん そう、田沼古道と交差するお墓の所ですね。
元々は山がせり出していてそこを駿遠線が切り通しの形で進んだんでしょう。
山の土砂を線路になだれ込まない様に保持していた影の活躍君達です。
<< 謎のレール その2 謎のレール >>