お宝カセットの発見

阿形先生の新書の付属として著名となった「駿遠線車内音」を録音された米持氏が新たなテープを見つけられました。
そのテープを借受、デジタル化を試みました。
1968年 廃線2年前の音が現在に再現となりました。
当時のカセットテープですのでけして録音状態は良くは有りませんが兎に角貴重な音源です。
f0212142_12110335.jpg
f0212142_12110131.jpg


[PR]
by micmacbig | 2015-10-08 12:14 | 駿遠線関連 | Comments(2)
Commented by よねもち at 2015-10-08 18:48 x
早速のデジタル化ありがとうございました。
高校1年生の夏休みの時 大井川 相良が廃線になる
最終日でした。
相良駅発最終の上りの駅構内 そして相良駅着最終下りの
到着からその後の記念式典の状況を録音したものです。
明日からは駿遠線が走らないんだ・・・とさみしい思いを
感じながらソニーのカセットレコーダーを肩に掛けていました。
Commented by micmacbig at 2015-10-09 06:37
それこそ10数年前に買ったシステムコンポが役に立ちました。
もう必要も無いからと処分も考えていましたが物で単なる置物と化していたものでした。

1対1での録音ですので時間は掛りますね。
が、その間は他の事をしていれば事は足りますので。

こうして見るとアパートに引越した時に処分した数々のカセット達に申し訳なく感じております。
<< お茶の香ロード 駐車場のご案内 お茶の香ロード シンポジウム >>