さて、本番です。

約束していたお世話になっておりますT氏と浜松駅で落ち合い、先ずは腹が減っては戦は出来ぬでメイワンで食事を。
私は鴨南そばを頂きました。
カツオだしの香ばしい香りが立ち上がる美味しいおそばですね。
残念な事にそば湯の提供が無かったのが悔やまれます。

 おいおい 本番前に又脱線か〜 と突っ込まないでね。

食事をしながら当時の航空写真を基に行動作戦を煮詰めます。

さあ、極寒の中を進行です。
でも、さぶいね!

先ずは旧の新浜松駅から西鹿島線を探ります。

駿遠線同様、駅前は都市計画の波に飲まれ当時の跡形も無いのが通例ですが、御多忙に漏れずここも超皆無です。
が、当時から興味を持って写真にも収めているT氏です。
何の迷いも無く当時の路線を解説して頂きました。

このホテル クラウンパレスが旧、新浜松駅が有った場所です。
 
f0212142_15575278.jpg

町並みも道路も当時とは別物となっておりますので位置関係を正確には描写出来ませんが
ここに「遠電ビル」と呼ばれ昭和4年に建築家中村与資平氏の設計で建設された駅ビル構造の駅で3階には洋食レストラン「偕楽亭」が入り、
市民から親しまれたそうです。

ここから、ほぼ直線で馬込駅まで進んで行きました。
途中とても広大な浜松機関区を通過して(現在のアクトタワー近隣)
f0212142_16083838.jpg

スイッチバックで有名な「馬込駅」に到着です。

f0212142_16073409.jpg

こんな感じは駿遠線の新藤枝からを彷彿させます。
特に第2次の大手線みたいです。

この楽器博物館の東側のカーブが軌跡をトレース
しているらしいですが確認は取っていません。次回の宿題です。

f0212142_16143816.jpg

途中ここも広大な旧遠州浜松信号所を通り過ぎますが当然痕跡は皆無です。

で、広小路を横切りいよいよ遠鉄浜松駅に到着です
ほんと、このカーブは2次の大手線とそっくりですね。

ここで旧の西鹿島線とお別れで本ちゃんの奥山線として行進します。
先ずは一番見たかった新川沿いです。
当時は民家の裏を線路が有りましたが廃線後は払い下げをして宅地となっておりますので
ここがそうなります。

f0212142_16293451.jpg

f0212142_16300046.jpg

f0212142_16304028.jpg

逆方向で遠鉄浜松駅を見ます。

f0212142_16315566.jpg

すると現在は公園となっている北田町駅に着きました。

f0212142_16325325.jpg

此所までは廃線路上は歩けませんがこの先は歩けますので楽しみです。
北田町から元城を臨みます。

f0212142_16345147.jpg

この道の左手にそれこそ廃線路らしき匂いの道が有りましたが
調べたらそこではなくこの広い道がやはりそうでした。

f0212142_16365072.jpg

すると、眼前に大きなコンコルドホテルが見えます。
ここが工場も併設した「元城駅」です。

f0212142_16383593.jpg

さあここから奥山線難関の登り勾配です。
有る時は乗客が降りて押した事も有るそうです。
非力な軽便の何処にでも有る姿だったんですね。

f0212142_16421262.jpg
では、ここで第1部の幕を下ろします。
第2部はまた後で。















[PR]
by micmacbig | 2016-01-26 16:43 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 本番です その2 猛威の寒波の中遠州の街を彷徨える >>