登って来ました 90‰

かねてからの念願だった大井川鉄道のアブト式を体験してきました。
井川まで行けないのが大変残念ですが車では何度か行った奥大井、
今回列車としての初体験です。(お恥ずかしながら・・・)

f0212142_07305303.jpg

9時5分初の列車で新金谷から出発です。
でも、土曜日と言うのに乗客まばらですね。
普通の方に混じって鉄ちゃんらしき方もチラッと。

f0212142_07322242.jpg

可愛い車掌さんで良かったです。
f0212142_07360453.jpg

時間が有れば旅は鈍行が良いですね〜。
ゆっくり辺りを堪能出来ますし。

そして、10時14分千頭に到着。
トイレ休憩もそこそこでいよいよアブト式の乗車です。
ディーゼルですのであ〜駿遠線もこんな感じだったんだろうな〜等と勝手な思いを寄せながらさあ、出発です。
嬉しい事にあの可愛い車掌さんも一緒でした。(おい おい)
f0212142_07365236.jpg

f0212142_07364414.jpg


大井川鉄道の良い所は車掌さんが観光案内やら歴史的な説明をしてくれる事ですね。
重要な事だと思いますよ。
やはり次に繋げなくてはいけないので。客商売はリピーターを如何に掴むかですから。

f0212142_07394333.jpg

列車は山と川のつなぎ目をゆっくりと進んで行きます。
で、有名ポイントになると速度を落としてくれるのが嬉しいですね。
大井川鉄道は現在では観光で保っていると言っても過言ではないと思いますので重要と感じます。

f0212142_07375144.jpg

そんなこんなで、今回の一番の目玉ポイントであるアブト式地点に着きました。
アブトいちしろ駅です。
なんせ、90‰という日本一の勾配ですから。
急と感じていた箱根登山鉄道よりも急なんですね。
登る時は後ろから、下る時は先頭に位置してコントロールするEDがやって来ました。
車掌さんも連結作業をするんですね。
きびきびしている操作に好感が持てました。

f0212142_07401239.jpg

f0212142_07405260.jpg

f0212142_07412828.jpg



そして長嶋ダムが右目で見れます。
が、残念な事にダムが完成に依って趣きの有る旧線が廃止となった事です。
湖の向こう側に少しですが垣間みる事が出来ます。
歩いて見たいですね〜
調べると超が三つ程付く位難しいらしいですが・・・

f0212142_07425781.jpg

そんなこんなで一応終点の接阻峡に到着しましたが駅前?はほんと何も無い所ですね。
せめて駅そばでも有るかなと思っていたのは浅はかでした。
かといってぐるぐるハイキングをする程の時間もないので少し待って千頭に帰りました。

f0212142_07434489.jpg

f0212142_07435793.jpg

これって用地杭の変形かしら?

f0212142_07443748.jpg


で、ここで駅そば。
でも味は置いといてもそば屋のお姉さん あまり接客が良くないですね。
一見さんだからといってぶっきらぼうは感心しません。
やはり又来て頂く為の接客ですので・・・

f0212142_07461888.jpg

千頭からはSLの川根路で。
嘗てのジャームズさんのC56です。
タイで大活躍した44型です。
これは乗れた事が幸せでした。
でもやはり乗客は寂しいですね。
ちなみに接阻峡からは鉄ちゃんらしき方との2人だけでした。(う〜ん)
それでも男性の車掌さんですが一生懸命案内をしてくれましたが心中晴れていないと思いましたね。

f0212142_07470593.jpg

お座敷列車も帯同してましたが次回はここに乗りたいですね。
f0212142_07480878.jpg


待っている間にスイッチバックに依る車両入れ替えを見る事が出来ました。(これも初めてでしたね。)

f0212142_07505595.jpg

f0212142_07510250.jpg

f0212142_07515823.jpg



そして転車台で先頭へ。
f0212142_07531380.jpg

f0212142_07534142.jpg

f0212142_07541963.jpg
家山駅で彼に再会!
f0212142_07585094.jpg








単に乗っていただけの奥大井旅情でしたが堪能しました。
次回は湖上駅を歩いたり、旧線を探索したいです。

頑張れ 頑張れ 大鉄さん。




[PR]
by micmacbig | 2016-01-31 07:57 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 懲りずにまた行っちゃいました 90‰ 亀山トンネルの勾配 >>