袋井の駅名標他

袋井在住のS氏よりの情報で久々に袋井に足を伸ばしました。
駿遠線跡の保存に行政ナンバー1の力を入れている袋井市です。
新しくなった袋井駅の西側に駅名標が建ちました。
そしてその横に駿遠線の説明板が。
凄いですね!!

f0212142_19115690.jpg

f0212142_19120513.jpg

お馴染み「駿遠口」です。
f0212142_19132738.jpg

しっかりと大先輩が援護射撃をしております。
2度と足を踏み入れられませんが・・・
f0212142_19145118.jpg

そうしたら新藤枝から列車が来ました。
(そんな訳は無いですね)

f0212142_19161463.jpg

近隣にはまだ当時を知っているお宅がちらちらと。


で浅羽の博物館に行くと袋井の古代からの歴史展が開催されております。
そこでも駿遠線と秋葉線の両雄の写真その他が展示されていました。
それらは載せる訳にはいかないので是非訪れて下さい。

その代わりではないですが江戸時代の横須賀の様子が掲示されております。
確かに入り江奥くまで湾が有ったんですね。
これは貴重です。

f0212142_19220477.jpg

時節柄ウォークには最適な季節です。
是非袋井駅か浅羽迄のウォークを堪能して下さい。









[PR]
by micmacbig | 2016-04-20 19:23 | 駿遠線関連 | Comments(2)
Commented by 789zxc789 at 2016-04-21 17:12
私も行ってきました。さすが、袋井。軽便に力を入れています。
駿遠線は、素晴らしい観光資源です。
駅名標の前で、記念撮影。廃線跡歩きへ、レッツゴー。
Commented by micmacbig at 2016-04-21 19:57
789zxc789さん 行かれましたか!
行く度に袋井市の凄さを感じております。
他の行政も見習って欲しいと常々感じております。
さあ、やはりウォークですね。
明日から又最良の天気です。
新緑の若葉を堪能しながらのウォークは最高です。
<< 珍しい?アピタでの軽便写真展 消えた高州駅跡碑 >>