大井川暦民館の展示会

流石11月ともなると風が強く冷たくなりますね。
そんな志太の空風の中 はるばる飛騨の高山から本年の焼津市暦民館のイベントに自ら作成の駿遠線のHOゲージを展示してくれました。
車体の模型のみならず取り込む風景まで全て3Dプリンター等を駆使して駿遠線を再現させています。

新藤枝駅の光景です。
f0212142_18230205.png

別な角度から

f0212142_18260409.jpg

4両編成を操るくるまやさん
f0212142_18241131.png

また本来はこれもメインです。
古くからの志太地区で使用された農具、工具、生活機器等が所狭しと保存されています。
年に一度しか開放されませんので貴重な体験をしました。

f0212142_18282353.jpg

f0212142_18282141.jpg
そして今回の企画のメインイベントとも言える阿形先生の講演会が来る6日に開催されます。
70名強が申し込んで居りますのでご希望者はお早めにお電話下さいね。
詳細は
です。









[PR]
by micmacbig | 2016-11-03 18:33 | 駿遠線関連 | Comments(2)
Commented by 789zxc789 at 2016-11-03 21:18
新藤枝の駅、本当によくできています。
看板の一つ一つも、吟味され、素晴らしい出来栄えでした。
Commented by micmacbig at 2016-11-04 06:19
流石と言う言葉しか見つかりません。

今日からは模型は走りませんが、皆様に文化会館でご披露ですね。楽しみです。
<< 晴天の中、盛況でした。講演会 着々と進む萩間川河川工事 >>