あれから40年 高松は豹変した。

今回縁有って4泊5日で四国4県JR乗り継ぎで行ってきました。
昔所属していたTMCの演奏会に合わせ、ブラタモ探索とJRの企画「ぶらり四国路」を利用して
4県巡りをした次第です。

順不同ですが、2日目のブラタモ探索から行きたいと思います。
全ての行動を追う事は時間的にも難しいのでピンポイント探索です。
友人のT氏が車を出して頂き、先ずは滝宮天満宮でお参り。
f0212142_03071217.jpg


小雨がぱらつく中でしたが当時の琴平街道の痕跡です。
タモリさんが見つけた人工的な穴が確認で出来ます。

f0212142_03104488.jpg
また、川岸を見るとコンクリートの紋様が異なっております。
f0212142_03123578.jpg

この端の幅に比べ異様に広い端の手前は嘗ての道と現在の道の混合体ですね。

f0212142_03142021.jpg
従って、解説に有った様に現在の橋の北側に嘗ては橋が架かり人々はこんぴらさんを目指した様です。

まあ、形は違いますが田沼古道みたいな感じですね。

そこから地図を頼りに堰を目指しますが最初は分からず行き過ぎてしまいましたが
「え〜こんな所を入るのか〜」でなんとか綾川の堰に着きました。


f0212142_03191619.jpg
コトデンの鉄橋ですが周りの風景も野趣が有ります。
綾川ならではの水量の豊かさを感じさせる場面ですね。
この水量と小麦作りに適した土壌が讃岐うどんを発生させております。

そこから時間もないので一路琴平へ。
細かい所ははしょりましたが、琴平の凄さを感じさせる場面でした。
あの小さい町に最大4社もの鉄道が乗り入れしていたんです。
国鉄、コトデンの他に琴平急行鉄道、そして憧れ的な琴平参宮鉄道。
恰も、藤枝に国鉄、駿遠線の他に◎△鉄道、☆□鉄道が有った感じですね。

この現在郵便局が琴平急行鉄道の駅です。
f0212142_03281636.jpg
それに負けず少しでも本宮に近づこうとした琴平参宮鉄道の駅がこちら。

f0212142_03295802.jpg
当時の敷地そのままの形で残っております。
此所凄いですね。

両方を垣間みるとその姿が浮かび上がってきます。

f0212142_03323086.jpg
番組の画面をお借りすると4社の混戦具合が見えてきます。

f0212142_03420579.png
凌ぎを削っていたんです。
それだけこんぴらさんにお参りする方々が多かった現れです。

浜岡の桜が池はお祭りの時の一発勝負でしたので常に参拝客が居たんなら
もっともっと駿遠線も反映していたんですがね〜〜〜

ざっと駆け足表面のみでしたがブラタモ探索でした。

ついでにお昼はこれ!
良いテイスト出てますよ。鳥もおうどんも!!
f0212142_03493317.jpg

f0212142_03492174.jpg

で夜はT氏お勧めの骨付き鳥で乾杯〜
f0212142_03485677.jpg

まあ、絶品以外の言葉は出ませんでしたね。
で締めのご飯。これがまたばか美味。
f0212142_03490727.jpg
良質な鶏からの油ですのですっきりしております。














[PR]
by micmacbig | 2017-02-10 03:53 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 楽しかった四国ともお別れ、現実... 桜が池の廃線路 登って見ました。 >>