2017年 11月 19日 ( 1 )

横井軌道を歩く

RMライブラリーの井川線を久しぶりに読み返した時、以前は気がつかなかった「横井軌道」と言う単語が目に付いた。
「島田軌道」は有名ですがさて、横井?
確かに島田駅南地区も昔は製材業は盛んだったから運ぶ為の何かが有っても不思議では無いなと思いやおらググってみたが
何も引っ掛からない。
で、お膝元の島田図書館で検索しても単語一つも出て来ない。
さてさて、それは何だろう?でお得意のアナログ作戦で駅何地区を彷徨くが知らないの一点です。
すると、通りから右にカーブしている小路が有った。

f0212142_05502293.jpg
これは古くから有った小路に違いないのでここに住んでいる方に聞けば何かヒントが得れそうだと
家並みを物色すると(空き巣ではないですよ)とあるお宅に目が付いた。
伺うと、何とビンゴでした。
84のご主人は列車は見た事は無いが家の畑の横に線路が有ったのは覚えていると。
それは、現在のマルハンの方に進んでいたとの事。
で図書館で入手した昭和14年の地形図を見させると恐らく此の線だろうと教えてくれた。

f0212142_05401431.jpeg

f0212142_05403556.jpeg

その日は他の用事が有った為、後日その先を徘徊。
この横井地区は都市計画に依って大幅な改造がされている地区ですが奥の方に進めばまだ昭和のテイストがプンプン臭う素適な地区です。

すると、何やら通りから斜めのお宅が有った。これって臭いなとお伺いにお邪魔するがお留守。 残念なり。
辺りを彷徨くと一人の古老が畑をしていたので伺うと其の方はお嫁に来た時には線路も無かったがそんなのが走っていたと話は聞いたとの事。
それはやはり先程のお宅の辺りらしい。

f0212142_05344382.png

そして、その先に進むと駐車場の先に斜めのフェンスを見つける。
そこにはご婦人が草取りをしていたので伺ってみると、やはり見た事は無いがこの辺に有った事は聞いた事が有ると。
そこは先程の家から繋がります。

f0212142_05332346.jpg

そしてその先を進むと眼前に横井の古老がお話ししたマルハンが有ります。
広大な敷地です。が、駐車場の形がしつかり区画されていない様な何やら昔のそのままを感じました。
そして、其の道路の草むらがそれこそ昭和そのものです。
確かにこれは臭いますね。

f0212142_05362154.jpg
f0212142_05321021.jpg

f0212142_05370101.jpg

このガードレールは何だろう。道路拡張でも有るのかな?とその先を見るとここのお宅の方だろうと思われる古老が居られました。
空かさずお聞きすると、大ビンゴでした。
当時からここにお住まいでこのトロッコにも乗った事が有るとの事。
このガードレールとマルハンとの間が軌道跡とのお話でした。
道路はその昔から有った様です。
f0212142_05391008.jpg

それは、現在のマルハンが当時は「加藤製材所」という大きな製材屋さんでした。
ここで製材した木材を島田駅に運ぶ為の専用線だったんです。
その西側には現在では伺う事が出来ない貯木場が有り、大井川を使って運び入れたんでしょうか?


その詳しい内容に関してはまだ判明しておりませんが「横井軌道」が確かに有りました。

[PR]
by micmacbig | 2017-11-19 05:45 | その他の鉄道 | Comments(0)