カテゴリ:その他の鉄道( 82 )

HIRO君に会いに千頭に行ってきました。

話題を彷彿している大井川鉄道のHIRO君です。
今日初めてお会いしてきました。
昨日だったらさぞかし賑わっていたんだろうなと思いながら車を進めて行くと、駅手前で21000系が横を通り過ぎました。
これなら駅に着く前に車は到着するなと思っていたらいやはや電車の方が先でした。

f0212142_1824854.jpg


また駅には16000系が停留しておりました。

f0212142_185465.jpg


こうして二つを並べてみると遠い昔のパリーグみたいですね。

f0212142_187176.jpg


そして本日のメインイベントのHIRO君です。

f0212142_1883780.jpg


これは子供達に絶対人気になるでしょう!
横のイラストも可愛いですよ。

f0212142_1810943.jpg
f0212142_1895410.jpg
f0212142_1893785.jpg


駅本屋です。何かおそばに気を取られております。

f0212142_18121099.jpg


入場券を買ってホームに侵入です。

f0212142_18164145.jpg

HIRI君の勇姿です。でも小雨がぱらついております。

f0212142_18161332.jpg
f0212142_18155871.jpg
f0212142_18153923.jpg
f0212142_1815215.jpg


すると奇遇な事にお世話になっておりますPul-4さんとバッタリ!

最後に前からぱちり、大きいな〜!!
 (隣りの近鉄が小さく見えます〜)

f0212142_18212519.jpg


井川行きの列車の3兄弟揃い組と路線ですね。

f0212142_18243376.jpg
f0212142_1824762.jpg


う〜ん このR加減がたまらないな〜

で、一通り見終わり待望のおそばを。
これが良いんですよね!!

f0212142_1823610.jpg

[PR]
by micmacbig | 2014-07-07 18:28 | その他の鉄道 | Comments(4)

藤枝おんぱく

以前お伝えした「藤枝おんぱく」に参加する事が出来ました。
8時10分 横浜からのS氏と共に郷土博物館に行き、皆と合流。そして受付してバスにてスタートです。
藤枝駅から乗る人を拾い、先ずは新幹線のこだま高速度実験の場所を確認。
説明は「新幹線原点のまち藤枝を伝える会」の山内氏。
詳しい中に流暢なユーモアとツッコミを交えたトークに皆さん満足した感です。
どうしてもこの様な説明はとかく知識の押し売りみたいな場面を良く遭遇しますがツボを得ていて良かったと思います。

当時の様子は以前もお伝えしましたがこちらが宜しいです。

先ずは一里塚の場所での説明です。

f0212142_6145825.jpg


そしていよいよ踏切に、

f0212142_6165810.jpg


この上りの線路で実験が行われました。

f0212142_6211682.jpg


一里塚の説明板です。(後ろの参加者にはプライバシー保護の為マスクをかけさせて頂きました)

f0212142_6402144.jpg


そして、163kmの記録を出した瀬戸踏切です。

f0212142_6415513.jpg


f0212142_6422021.jpg


新幹線を体一杯堪能したツアーは場所を藤枝駅に移し、明治22年開通時より重要なファクターとして存在していた赤煉瓦倉庫を見学。(存在は知っていましたが見るのは初めてでした)

f0212142_646438.jpg


f0212142_6471366.jpg


そして、舞台を駿遠線に移し帰路を博物館に進めます。
青島東小からウォークとなり藤枝本町駅迄晴天のもと歩きました。
我々は中途瀬戸川駅での陸橋の存在を確認しながら進みましたのでいつの間にか最後尾!
そして、新発見!
今迄何度と無く通っていた道沿いなんですが気がつきませんでした。
何とこちらの駐車場のフェンスはレールで支えられております。
大手線のレールかとかは今の所不明ですが、今後の課題です。

f0212142_65448100.jpg


もうふじも終焉を向かえております。

f0212142_6592389.jpg


そして執着地点の元藤枝本町駅舎ですがこちらも終焉を間もなくです。
何とかして現状を保ちたいですね。

f0212142_6585872.jpg



尚、以前は気がつきませんでしたが良く映像を見るとこだまが藤枝駅に到着した
その前方に駿遠線の跨線橋がかすかにですが映っております。
(良〜く見ないと分からないかもですが)
[PR]
by micmacbig | 2014-05-12 07:03 | その他の鉄道 | Comments(2)

久々の佐栗谷トンネル

御前崎の帰路久々に堀之内軌道の名遺構である「佐栗谷トンネル」に会いに行ってきました。

f0212142_621143.jpg

廃線後長い期間そのままの状態でしたので例に依ってジャングル化して行く手を遮っており、辿り着くのは用意ではなかったトンネルです。
こちらとかそちらです。

そんな中、地元の方々が草木を刈り取りトンネル迄の歩道?を作ってくれました。
お陰で行き易いですね〜。

f0212142_6105753.jpg


先般行った時は端の方を掻き分け掻き分けようやく辿り着く事が出来ましたが今回はまるで散歩している感覚で行けましたよ。

でも見ると廃線路とは思えないですね。
まるで河川の様相です。
ゴミは散乱しているし。

f0212142_611553.jpg


f0212142_613951.jpg


トンネルの中は以前と変わらない様です。
ぬかるみは深く奥迄続いております。
とても簡単には進めません。
胸迄有るゴム長でもして行かないとですね。

f0212142_6123920.jpg


イギリス積み(?)でしたっけ、レンガは幸か不幸かジャングルによって綺麗な保存状態です。
このままの姿をこの先も保って欲しいですね。
一番危険なのは不法投棄や落書きやらが心配です。
自分さえ良ければという輩がいるからです。

田沼古道と同様物見遊山で行ったりしないで頂きたいと願っている次第です。
[PR]
by micmacbig | 2014-03-07 06:18 | その他の鉄道 | Comments(2)

3000系の動画です。

先日の新金谷駅での3000系の到着場面をi phoneで撮りました。

内容的には進められる物では有りませんが興味有りましたらご覧下さい。

こちらそちらです。
[PR]
by micmacbig | 2014-02-17 07:00 | その他の鉄道 | Comments(0)

大井川鉄道最後の3000系

京阪から来て住民の足として活躍したテレビカーの愛唱で知られる3000が本日14日で引退を迎えます。
昨日実は初めてとなる(笑)新金谷駅にその姿を見に出かけました。

f0212142_8155967.jpg

初めて故当初は入り口を間違えグルグルしてしまいました。
が、その御陰で近所周りを知る事が出来かえって良かったです。
こんな鉄橋を見たり、

f0212142_746516.jpg


良くない事ですが線路上に立ったり、(大井川鉄道様 すみません)

f0212142_749194.jpg


こんな用地杭が有ったり、

f0212142_750427.jpg


見事な枝垂れですね。

f0212142_7522598.jpg


先に金谷駅に行きましたが駐車スペースの関係で新金谷に移動しました。
広い構内ですね。
見た事は無い「大手駅」を彷彿しました。

先ずは居ましたね、工場の横に南海電鉄から来た21000系です。

f0212142_854431.jpg


代名詞とも言えるSL C12がスタンバイしていました。

f0212142_85747.jpg


すると来ましたね〜
本日のメインイベントの3000系です。
(訂正です。この列車は近鉄16000系でした。勘違いでしたね。指摘下さったpul-4さん ありがとうございます。)

f0212142_875166.jpg


21000系の横を通り過ぎました。

f0212142_891784.jpg


ちょっとドアップで

f0212142_8104161.jpg


で、周りを見渡してみると、この辺りは区画整理が進んで新しい住宅も建っております。
本日建前の様ですね。おめでとうございます。

f0212142_815077.jpg


お墓も隣接しております。

f0212142_8134572.jpg


金谷駅からの3000系が到着しました。
居ましたよ〜鉄ちゃん達が。乗っている乗客の足としての住民より鉄ちゃんが多いんではないでしょうか。
私は時間の関係で外から見ただけで貢献していなくて申し訳なく思っております。

f0212142_8223452.jpg


そこから金谷駅に移し到着を待ってました。
JRの金網が張り巡らしてありポイントが見つからないので少し高台からの俯瞰写真。
大井川娯楽センターが見えます。
利用者も少なくなって居るとき来ます。大衆演芸の活躍場所です。こういう所を大事にしたいですね。

f0212142_8273681.jpg


JR貨物が来ましたので後追いを。

f0212142_830712.jpg


すると来ました3000系の勇姿が、

f0212142_8305852.jpg


f0212142_8313781.jpg


最後にこれまたアップを。

f0212142_8323496.jpg


ありがとう 3000系。
[PR]
by micmacbig | 2014-02-14 08:35 | その他の鉄道 | Comments(8)

秋葉線

機会が有りまして当時駿遠線で働いていた方からお話を聞く事が出来ました。
何にせよ昭和の30年代の事。
現在の職場環境とは異次元の世界。週休二日制等とは縁の無い時代でしたので
かなりお仕事は大変だったらしいです。

袋井の方でしたのでその後秋葉線の跡をピンポイントですが追ってみました。
元々道路上を走っていた併用軌道でしたのでその痕跡は県道に拡幅されて微塵だにもない秋葉線です。
駅から斜め右に進んで原野谷川を超えるとそこに廃線跡がお迎えをしてくれました、

f0212142_1821282.jpg


昭和50年代には橋が残っていたそうですが現在では見る影も無いです。

そこから、太鼓橋を渡り県道に突入する迄の数メーターがかろうじて都市計画の波に飲み込まれなかった秋葉線です。

f0212142_1823573.jpg


f0212142_1825267.jpg


この太鼓橋の橋桁は当時のままだそうです。

f0212142_1831642.jpg


f0212142_1833448.jpg


石松電車の愛唱で呼ばれていた秋葉線。
又次回行ってみたいと思います。
[PR]
by micmacbig | 2013-11-25 18:03 | その他の鉄道 | Comments(6)

久々の「人車鉄道」

本日の「むるぶ」に人車鉄道の記事が乗っていました。

f0212142_847193.jpg

日本で最初となるこの「人車鉄道」です、人力車の延長の様な物ですから鉄道のイメージからは遠い物も有りますが、鉄のレールの上を走っているのでそれは将に「鉄道」ですね。

地方でもあり、当時の事ですので確かな記録も無く言い伝えしか存在しないこの鉄道です。
現在の30号線の西側部分を走っていたとの事。
駅と言ってもただ止まるだけのスペースが有る点は路面電車との類似点も有ります。

焼津は「松屋敷」から出発していた事は明白となっていますが藤枝側は確実な駅としての図面は見つかっておりません。
以前の調査で「山本茶店」の前が有力と見ております。

が、この地図を見ると焼津駅から出発して国1を通り越し大手の町中にも進んでいる様に捉えられるが如何な物でしょうか。

f0212142_8472452.jpg

[PR]
by micmacbig | 2013-08-25 08:47 | その他の鉄道 | Comments(0)

奥山線 都田〜祝田間 強行突破

以前から行きたかったジャングル地帯とも言える奥山線の都田口から祝田迄を何とか歩いてみました。

この区間は寂しい山中を通っていました。その間有った家も2,3軒とも言います。
こんな寒村に谷駅が有ったのは大変不思議ですが、大株主が住んでいたとの事。
良く有る話ですよね。
岐阜の羽島駅みたいですね。

先ずは中央図書館で「土地宝典」を紐解いてみましたが欲しい場所は見受けられませんでした。
係員の方からこんな資料を頂きました。
大変貴重な有意義なる資料です。

f0212142_7184585.jpg


f0212142_719945.jpg




さて、都田駅からスタートします。
ここには、生活道路としてある程度の区間が残っております。
この空き地の所を斜めに進みながら道路に侵入します。

f0212142_7204159.jpg


が、ここから高低差が厳しくなっております。
金指駅とは数十メートルのある高低差をあの非力な軽便が上り下りするんですから大変な場所と言えます。
この辺りから掘り割りの中を進んでその高さが大きくなって行きます。

程よいカーブが廃線路を物語ってきますね!

f0212142_7212682.jpg


が、それもつかの間の夢、現実が待ち受けています。
宅地化された一画が眼前に現れてきました。
やや右側に道が有りますがそれは後代の道です。

f0212142_825837.jpg


f0212142_7225081.jpg


その道を真っすぐ進むと作業小屋?にぶつかりますがその右側に何とか歩ける部分を見つけられますがそこが廃線路となります。

f0212142_7282162.jpg


f0212142_729623.jpg


歩いてみました。ややこれからを象徴するように草が生い茂り行く手を拒んでおります。
階段が有りますが何なんでしょうか?

f0212142_7301412.jpg


河川の担当者が川面に降りるためなんでしょか?
下迄降りても意味も無いと思い引き返し大回りをして、しんごうじ橋の所にやってきました。
かなりの高低差です。

f0212142_7332291.jpg


f0212142_7353290.jpg


ここからも都田口までの大変さを感じます。

そこから谷駅方面を見ると使わなくなったビニールハウスの横にそれらしい線を感じます。

f0212142_7362396.jpg



自動車道を歩いて行きます。
段々とその姿が左側に垣間みれます。

f0212142_7371369.jpg


しばらくすると築堤が見えます。
上がってみようと思いましたが何と言ってもこの季節!草木が生い茂り断念!!

f0212142_864797.jpg


そのまま車道を進み、草木の間からちらりとしか見えない例の鉄橋の遺構を見ながら谷駅の位置を進むと中電の係員用なんでしょうか 階段が現れました。

f0212142_7422258.jpg


この階段を登り廃線路に降り立ちました。

が、やはり何と言ってもこの季節。
この時点からブッシュ ブッシュ ブッシュ、
そりゃそうですよね、通る人も無い場所ですから どうぞご自由にお育ち下さいですから・・・

f0212142_7433178.jpg


f0212142_7435833.jpg


f0212142_7442561.jpg


やがて道も無くなり山の斜面、尚かつ縦横にアートする木々。
真っすぐにも進めず、斜面を右に 左に、地面もぬかるみが有ったり。

f0212142_7451313.jpg

それを予想してこの姿で進んでおります。
右手には釜を持ちながらでは知らない人が見たら危険人物かも・・・

f0212142_740363.jpg


頑張って牛歩の歩みで進んで行きましたがあまりのジャングルが聳えここでリタイア!!
う〜ん 残念!!

f0212142_7461286.jpg


今度は冬に来よう〜〜〜
進むも地獄 帰るも地獄 

車道と隣接していて音が聞こえますし民家も傍ですので木々の間から確認出来ますので
安心ですがそう出なかったら不安モード一杯でした。

f0212142_7472165.jpg


何とか元の場所に戻り車道を進みながら先程歩いた箇所を確認しながら行くと、程なくした所に
橋が有りました。
何の為の橋かは解りませんが兎に角渡りました、

f0212142_7481794.jpg


すると右に進む道が有りました。

f0212142_7485669.jpg


先程とはちょっと低いなあ?とは思いましたが兎に角進んで行くと車道に合流します。
??と思いながら前を見ると公園が有りました。
そしてその公園の後ろ側が何か怪しいな?と思い行ってみるとそこに歩ける道が有るではないですか。
看板が立っております。

f0212142_7495659.jpg


その道を逆に戻ると何と橋を渡った場所迄行けました。
斜めに上がる道が有るではないですか!
それに気がつかなかったんですね。

が、その先を見てみるとジャングルが聳えております。
先程断念したジャングルです。

f0212142_752260.jpg


また、逆走して公園に向かいます。
大きな遮断壁が有りこの先は先ず侵入出来ないでしょう。

f0212142_75246100.jpg


諦め車道を進みながら団地の奥側に有る廃線路を横目で睨みながら進んで行きます。

f0212142_7533938.jpg


程なく行くと257号線が出現します。
廃線路はこの築堤を進みながら257号線に合流して行きます。

f0212142_7543030.jpg


田圃の中の大築堤を進んで「祝田駅」に進んで行く姿は当然現在では想像すら出来ない姿です。
この辺りは佐倉から進んで「桜ヶ池駅」に突入する辺りの姿を彷彿させます。

冬場でも厳しいこの地域 ヤブ蚊に歓迎されながらでしたが行って良かったと感じております。
[PR]
by micmacbig | 2013-05-24 08:07 | その他の鉄道 | Comments(0)

静鉄 「草薙駅」周辺

草薙の実家に寄ったついでに静鉄の方ですが「草薙駅」をパチりしてきました。

f0212142_9243080.jpg


その昔、清水に行く時は「御門台」から、静岡に行く時は「草薙」からと使い分けていました。
家がその中間くらいで運賃が違いましたので・・・

区画整理してからはあまりの変化は有りませんがテナントが変わっているお店が何軒かは見られます。
まあ、これは何処の街にも有る事ですが。

昔からやっているレストランです。
入った事は1度だけだったと思います。

f0212142_921433.jpg


県立大学が有るので学生さんの利用も多いです。

ラッピング電車がやってきました。

f0212142_9232469.jpg


f0212142_9234651.jpg


其処からJRの駅を眺めましたがちょっと遠かったです。
駅の手前に魚屋さんが有りますがアブデカのsの家です。

f0212142_9264483.jpg


程なくするとお馴染みステンレス電車がやってきました。

f0212142_9284160.jpg


そして、通り過ぎ御門台駅に向けて走り去りました。

f0212142_9294659.jpg


歴史にもしは禁句ですが駿遠線が生き延びていたら形は変わりますが
この草薙に止まったかもしれませんね!
[PR]
by micmacbig | 2013-05-07 09:32 | その他の鉄道 | Comments(2)

福田が谷の安倍鉄道 今日

所用があり久々に静岡の北部に参りました。

以前から進められている第2東名へのアクセス道路が着々と進行しておりました。
がここで困るのが福田が谷地区は現在の県道のすぐ横を安倍鉄道が通っていたので
最終的には新しいアクセス道路の中に埋没しています。

まあ、現在での位置を確認しておりますので埋没しても大凡の位置は判明出来るとは
思いますが・・・

中途半端に取り残されているとある地区の様子です。
この小屋の位置が廃線路ですので。
恐らく、所有者が異なるんでしょうか?

f0212142_5542619.jpg


f0212142_5552088.jpg


何方かと言えばこのまま残してくれた方が場所が確認し易いですが・・・
[PR]
by micmacbig | 2013-03-05 05:55 | その他の鉄道 | Comments(0)