カテゴリ:駿遠線関連( 291 )

暑い日でしたが全員無事ゴールしました。

5月にしては暑い日でした。
9時半に大井川庁舎を出発して、大井川河川敷に到着。
そこから、上新田駅まで約6kmの路を歩きました。
田中川迄の道のりは歩き易い路で初心者でも容易く歩ける廃線路です。

f0212142_06424185.jpeg

皆さん喜んで説明を聞いてくれました。
そして全員何事も無くゴール出来ました。

この中から再度此所を歩いて見たいなと思う方が居られたら嬉しいな〜と願いながら帰宅しました。

[PR]
by micmacbig | 2016-05-13 06:43 | 駿遠線関連 | Comments(0)

今年もやってきました 自主運営バスに乗って

来週の12日ですが、此所の所毎年の恒例となった焼津市主催の企画「自主運営バスに乗って」の日が来ました。
こんなへっぽこな私ですが駿遠線の案内を仰せつかっております。

f0212142_17502369.png

バスで大井川河口迄行き、そこから約6kmの廃線跡を案内しながら歩きます。
前回も落伍者無しでゴール迄無事皆さん辿り着いております。
本年も同様全員無事ゴールを目指します。

人に案内する事は大変難しい又重要な事と受け止めております。
人は100の事を話しても80位しか伝わりません。
従ってこちらが80しか言わないと64しか伝わらない事となります。
お話しする内容に関しても確実なお話をしなくてはいけません。

頑張ります。

その日が晴天ではなく少し風が有り薄雲位が望ましいですね。

[PR]
by micmacbig | 2016-05-05 17:51 | 駿遠線関連 | Comments(2)

珍しい?アピタでの軽便写真展

何気なく覗いた本日の新聞チラシです。
最初は完全にスルーしていましたが嫁さんから軽便の写真が出ているよとの声で
見てみたら本日より開催されているとの事で寄ってみました。

30枚程度の藤枝近隣の写真が展示してありテレビから市のビデオ広報の映像が流れていました。
写真は1枚を除きどれもみた事の有る画像でした。
担当者が不在でしたので詳しいお話は伺えませんでしたが、市から借りて展示したあるとのことでした。

例え規模が小さくても来店された方の1割りしか其の前を通らないとしても一人でも興味を持ち、あ〜そうだったねとか
こんな風景だったねとかの感心を持って頂けたら嬉しいなと思いながらかえってきました。

f0212142_15333139.png

皆様には見た事の有る画像ばかりでしょうが是非お出かけ下さいませ。
丁度セールも開催されていますので欲しかった商品も有るんではないでしょうか。


[PR]
by micmacbig | 2016-04-28 15:35 | 駿遠線関連 | Comments(0)

袋井の駅名標他

袋井在住のS氏よりの情報で久々に袋井に足を伸ばしました。
駿遠線跡の保存に行政ナンバー1の力を入れている袋井市です。
新しくなった袋井駅の西側に駅名標が建ちました。
そしてその横に駿遠線の説明板が。
凄いですね!!

f0212142_19115690.jpg

f0212142_19120513.jpg

お馴染み「駿遠口」です。
f0212142_19132738.jpg

しっかりと大先輩が援護射撃をしております。
2度と足を踏み入れられませんが・・・
f0212142_19145118.jpg

そうしたら新藤枝から列車が来ました。
(そんな訳は無いですね)

f0212142_19161463.jpg

近隣にはまだ当時を知っているお宅がちらちらと。


で浅羽の博物館に行くと袋井の古代からの歴史展が開催されております。
そこでも駿遠線と秋葉線の両雄の写真その他が展示されていました。
それらは載せる訳にはいかないので是非訪れて下さい。

その代わりではないですが江戸時代の横須賀の様子が掲示されております。
確かに入り江奥くまで湾が有ったんですね。
これは貴重です。

f0212142_19220477.jpg

時節柄ウォークには最適な季節です。
是非袋井駅か浅羽迄のウォークを堪能して下さい。









[PR]
by micmacbig | 2016-04-20 19:23 | 駿遠線関連 | Comments(2)

消えた高州駅跡碑

近代化の為に各地で記念碑や遺跡が壊されたり消滅させられたりしておりますが、
昨日高州駅の前を通りましたら「ブルータス お前もか」の如く高州駅跡の碑が無くなっておりました。

恐らく向かえの生協さんが閉店した関係と思われます。
かの地は生協さんの駐車場として機能していたので、その整地作業の一環ですね。

整地が終わって再度建てられる事を願っております。

f0212142_13570409.jpg
f0212142_13570208.jpg



何時ぞやの時の画像です。

f0212142_14065903.png



[PR]
by micmacbig | 2016-04-17 14:07 | 駿遠線関連 | Comments(0)

諸井の陸橋に関し

郷土博物館での諸井の人道橋から(と思われる)の写真に関して参考迄に付け加えております。

先ず、以前訪れたときのブログです。
ここに現在の姿が有ります。

で1962年の航空写真を見るとこんな感じです。
f0212142_19360421.png

それを縦断面図で捉えると。
f0212142_19451509.jpeg

解りにくいですがこんな感じの写真が有ります。

是非行かれて下さいね。




[PR]
by micmacbig | 2016-04-11 19:46 | 駿遠線関連 | Comments(0)

中川氏の写真展

注目していた写真展を見に郷土博物館に足を運びました。

予想した如くまだ見ぬ画像が有りワクワク・ドキドキの連続でしたね。
拝見すると、1日で袋井から大井川まで撮影されて居りますので車移動としても相当大変ではなかったかと察せられます。
中でも私が一番目を引いたのは諸井の人道橋から撮られた(と思われる)2方向の軽便写真です。
この諸井の人道橋を撮影した写真も数少なくましてや人道橋からの写真は今迄見た事が無かったです。
これは大変貴重なる写真で当時を知る大切な手がかりとなりますね。

この撮影者中川氏に関してはこちらが宜しいと思います。

どうぞ、蓮華寺の桜を見ながらの写真展 お勧めです。
是非足をお運び下さい。

その蓮華寺です。

f0212142_05565201.jpg

毎度ですがお馴染み博物館の顔でもあるB-15.

f0212142_05591010.jpg



[PR]
by micmacbig | 2016-04-10 06:00 | 駿遠線関連 | Comments(4)

郷土博物館での写真展

本日届いた広報を見ていると興味引く記事が出ておりました。

駿遠線の写真展です。
撮影者に関しては存じ有りませんが、逆に今迄見た事の無い作品が掲示されると思います。
期日も長く開催されますので是非皆さん 藤枝迄足をお運び下さい。


f0212142_19375838.png
帰りに先頃出来たコーヒショップで反省会等如何でしょうか?

う〜ん 何方か聞こえておりますよ、コーヒーショップより居酒屋での反省会の方が  とか・・・

そりゃ その方が趣きが有りますよね・・・

[PR]
by micmacbig | 2016-04-06 19:38 | 駿遠線関連 | Comments(2)

2期目の挑戦

昨日御前崎市議撰が開始されました。
駿遠線の研究家である「阿形先生」が第1期を終了して第2期目の挑戦に向けて立候補されました。

f0212142_06233622.jpeg
市議選に関しては行政も異なるので興味は無いですが、我々駿遠線ファンとして出陣式に出向いてきました。
是非とも頑張って頂きたい物です。

f0212142_06163095.png
約30分の式を無事終え、先生は選挙カーに乗って街頭演説に向かいました。

f0212142_06225256.png

我々はそこから佐倉に向かい、例の駅舎を見に行きました。
幸いご主人も在宅していて当時の貴重なお話をお伺い出来ました。
奥様と御一緒に駅舎の前で、はい ポーズ!

f0212142_06321292.png

[PR]
by micmacbig | 2016-04-04 06:33 | 駿遠線関連 | Comments(0)

やはり有りました 潜在しているお宝。

桜が池駅から佐倉駅にかけての勾配加減がイマイチ理解していなかったので、今さらの感ですが再考しに行ってみました。
藤枝駅前の様に全てをゼロにして都市計画をすると今までの廃線路が何処だか分からなくなる事は往々にして各地に点在しております。
が、この地区は平面ではなく走行していた山を削り平坦として、走っていた線路の上を大量の土砂を埋め尽くし立体感を変容させた地区なので
その現状だと空中を走っている廃線路が認識出来づらく有りました。

改めて縦断面図と1962年の航空写真を見ながら歩いてみると今までの認識が不十分で有った事が本日実感として認識出来ました。
当時からのお住まいの方からのお話ですと陸橋の有ったサミットから桜が池の駅までずーっと下り勾配でなのでトロッコで遊んだとの
お話から縦断面図に有るが如くアップダウン無しに真っすぐ下り勾配で有った事が証明される。

そして、運命的共言える決定的なお方に遭遇しました。
道路脇で農作業をされた方が居りましたのでお声をかけましたら何と元の従業員さんでした。
家にもしかしたら写真らしき物が残っている筈なので家のお出でとの事でお邪魔するも残念ながらその写真はやはり無し(残念)

が、すると耳を疑う様なお話を!
目の前の物置を指差し「これは佐倉の駅舎だったんだよ」と。
お話では駅舎には寝泊まりする部屋も有りそこで宿直をしていた事も有ったと。
確かに物置小屋の隣りには狭いながらもそんな部屋が眼前に開けていた。

公的な確証有る証書の類いは存在していないがそれらのお話を総合すると明らかに遠州佐倉駅の駅舎出逢った事は断言出来るであろう。

先般の「野賀駅」駅舎に続き駿遠線3番目の駅舎が存在していた事となります。
当然の事ながら軽便史上大事な歴史的建造物です。

どうぞお大切にお使い頂き建物の保全に務めて頂きたく強く思いました。

尚、民家の建物故ここで場所をお話し出来ないのが残念ですが佐倉駅近隣の県道沿いのお宅の物置です。
もし見学に行かれる方はその辺をご留意されて行かれて下さい。
また、当方にご連絡頂ければその旨を先方様にお伝え出来ます。
取りあえず外観だけですが。

f0212142_18265375.png

f0212142_18265286.jpg


[PR]
by micmacbig | 2016-03-16 18:30 | 駿遠線関連 | Comments(5)