<   2012年 02月 ( 8 )   > この月の画像一覧

大手線徒歩探索

冷たい風が吹いていましたが藤枝駅から大手駅まで何と初めてになります。
大井川のT氏と共に歩いて行ってきました。
今まで何度となく車を使っての探索は有りましたが、本年の目標でもある徒歩探索です。

それこそ今まで行っていた道のりなので何を見つけたでもなく、単に歩いたよ!だけですが
何処もそうですが車使用時と異なり今まで見えなかった点を発見できます。

行きは青木経由の旧を、(旧旧を確かめながら)帰りは国道をアンダースルーしての新のルートを通りました。

特に本日発見的な遺構は有りませんでしたので、こんなのを。
建物 大丈夫なんでしょうかね?

f0212142_7312548.jpg


感じたのは、大手線の道しるべ的な物が皆無なので初心者が訪れても何処がどうだか解らない点ですね。
袋井の様に駅名表示板とかの様にここに軽便が通っていましたという看板が建てられてあれば初心者でも容易く
探索に出かけられるんではないでしょうか。

もちろん費用は掛かりますが歴史的、文化的な見地で行政さんが予算を捻出してくれればと思うのは
私だけでしょうか。

終わってからの反省会です。
何とこぼれ!ですね。

f0212142_7343397.jpg


本来は升までですが特別編でお皿までなんです。
で、本日は志太泉を頂きました。
[PR]
by micmacbig | 2012-02-28 07:40 | 駿遠線関連 | Comments(4)

macmini登場

サーバーとしての用途が終了したのでwinPCを処分してmac環境に戻ります。
思えばPaforma5270から始まり初代i mac,PMG4,と4台のmacを保有しました。
 (保有しただけですが・・・・)
で、サーバーが必要となりWinPCを導入したここ最近です。

今回購入したのはmac miniです。
CPUがi5ですので現在のwin機と比べれば取分けて早いとも言い切れませんが、比較して大きく違い点は
メモリーの関係も有りますが(ちなみに8GB積んでます)起動が速いです。
それと静かですね。Fanの音は皆無と言ってもいい位です。

OSは10.7のLionです。これはデスクトップです。(デフォルト)
何れは駿遠線の何かに変える積もりですが。

f0212142_852486.jpg


本体はこんなんです。

f0212142_852401.jpg


そうですね、デスクトップ型とノートブック型との中間とでも申しましょうか。
マザーボード関連のみしか入っていないんです。
ドライブも外付け、ディスプレー、マウス、キーボードは今までのを流用です。

また、特徴としてIntelCPUになってからWindowsが動くんですね。
現在Win7がインストールしてあります。
これって便利ですよね。

Win機ですとmacは走らないですから。

以前のOSですとmacで作ったエクセル書類をwin ユーザーに送ると化けて表示されないバグが有りましたが今回からはそんなのも解決できます。

当然この記事もmacからです。
[PR]
by micmacbig | 2012-02-22 09:03 | PC関連 | Comments(0)

静岡砂利線

以前モスリン線は追いかけましたが、砂利線が行けそうで行けなくやっと昨日行ってきました。

西部砂利線と大同コンクリート線とが並列で走っておりました。
静岡で何故西武線なのかは当時西武建設が清閑町辺りにあって安倍川の砂利を運んでいたそうです。
それこそ区画整理その他で痕跡は皆無に等しいですが安倍ちゃんと同様ゼンリンの地図や航空写真を見ると
現在でも歩けませんがその痕跡を垣間見ることが出来ます。
南安倍の静岡観光茶業の西側の区画の東南になびく家並みはそれを示していますね。

新幹線のトンネルです。

f0212142_546846.jpg


その反対側です。現在はスバルの会社になっています。
立ち入りが出来ませんので外側から。

f0212142_5492114.jpg


ここから南を見ると 出ましたね~ 斜めの線です。

f0212142_551481.jpg

この建物が廃線路に当たる様です。

それ以外は現状では見当たらない様です。

また、大同線は少し西側です。

f0212142_555716.jpg


注意書きがありますが何をするんでしょうね?

f0212142_5565516.jpg


近所の方が現在のこの道だよと教えてくれましたが当時の航空写真を見ると少し東側からカーブしていた様です。

f0212142_664356.jpg


で、そのまま土手沿いに進み、大同コンクリートの所に着きました。
ここはうっかりして写真を撮りませんでしたがその前の住宅地が砂利の採取場だった様です。

トワイライトの雑誌に当時の写真が出ておりますがとても現在からは想像だにも出来ません。
まあ、これはここに限った事ではありませんが。
[PR]
by micmacbig | 2012-02-21 06:11 | その他の鉄道 | Comments(2)

蝋梅その2

この寒さでなかなか咲かずに梅園経営者には困った物ですが実家で頂いた我が家の蝋梅はそこそこ咲きだしてきました。
実家の本家本元です。

f0212142_5274988.jpg


ちょっと大きく

f0212142_5282830.jpg


蝋梅ではないですが近所の庭?です。

f0212142_5292617.jpg


何故か塀が道に比べかなり振っておりますね。

f0212142_53146.jpg


これは当時の道は塀に沿って有ったからなんです。
と言うより当時の道に沿って家が建てられたんですが。
その後、土地改良などで道姿が変わってしまったんです

このへんからも廃線路探索に結びつきますね。
[PR]
by micmacbig | 2012-02-21 05:34 | 地元・地域関連 | Comments(0)

蝋梅

がらっと話題が変わります。

ただ有るだけですが「蝋梅」が趣を示してきました。
この寒さで梅の開花が遅れております。
早く梅一輪の・・・といきたいですね!

f0212142_9452454.jpg


f0212142_9455376.jpg

[PR]
by micmacbig | 2012-02-11 09:47 | 四方山話関連 | Comments(0)

菖蒲ヶ谷駅と役場前駅

今まで予想ばかりで真相が掴めなかった菖蒲ヶ谷駅と役場前駅ですが、土地法典の発見に光明が見えてきた感です。

先ず、「菖蒲ヶ谷駅」ですが「K宅説」と「ももや説」とが出ておりましたが、これらに依るとももや東側の「M宅」が決定的となりました。

f0212142_9405232.jpg


鯨が池のセンターでの写真です。

法典以外にももやさんのそうらしいよの証言、安部鉄道史の説明との合致。
これらに依り決定して良いと思っております。
当時、軽便路線と安部街道との間に細い小道が有った様です。
これを軽便路線と勘違いしていた感があります。

美和街道を越えた軽便は殆ど真っ直ぐ進路を取り北に進んで行きました。

また、「役場前駅」は同様に「N宅付近」と判断出来ます。
現在道として現存していない個所ですので正式に「**宅」と表現は出来ませんので「**宅付近」と表現させて頂きます。

 スーパーの建物を突き進んだ軽便ははたまた真っ直ぐ北に突き進み小学校のプール付近を乗り越えて福田が谷に向かいました。
[PR]
by micmacbig | 2012-02-11 09:28 | その他の鉄道 | Comments(2)

八甲田丸 保存

青函連絡船の八甲田丸が時代の遍歴に依り老朽化に伴い存続が怪しまれております。

何もそうですが古くなったから、必要無くなったからで壊すのは簡単ですが
それを後代につなげる事は大変と難しい面を持っております。

先程の天浜線もそうですね。
かく申す駿遠線も同様です。
歴史にifは有りませんがあの時保存が出来ていればもっと我々はその時の遺物を目にすることが可能です。

我々一人ひとりの力は無に等しいものです。
が、これが二つ、三つと重なりあえば物凄く大きな物となります。

お世話になっておりますやぶおさんのお仲間のKOさんが訴えております。
私もその趣旨に賛同して署名をしました。

ここに、用紙がありますのでこれをDLしてFAXをしていただければ幸いです。

f0212142_1027647.jpg


f0212142_10272745.jpg


また、オンラインからも署名できますのでこちらからもどうぞ。
私はオンラインからでした。
[PR]
by micmacbig | 2012-02-10 10:27 | その他の鉄道 | Comments(4)

天浜線 県支援

お馴染天浜線が施設保全で県からの支援が決定されたとの事です。

国の有形文化財に指定されているこの天浜線は貴重な財産・文化を現代まで残してくれている
全国区なる路線です。

その歴史的財産を残す為の一環が前回のオーナー制度でありましたが、県が本格的に予算を組んで頂ける事は嬉しいお話ですね。

やはり、個人レベルでは不可能な場面が多々有ります。

その為には行政レベルが腰を上げてくれないと文化的な物を保つことは不可能的となります。

駿遠線の駅名表示板とか課題は山の様に有ります。
各行政の首長さん、どうぞ予算を計上して下さいね。
f0212142_6412647.jpg

[PR]
by micmacbig | 2012-02-07 06:42 | その他の鉄道 | Comments(0)