<   2012年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

駿遠線 相良から新藤枝まで音の旅

お世話になって居ります米持様から頂いた駿遠線の記録です。


氏が、高校生の時廃線前に何らかの記録を残しておきたいということで、ソニーのカセットレコーダーを車内に持ち込んで相良から新藤枝迄の車内音を録音されました。
当時の録音機ですが臨場感がはっきりと残されて居ります。

f0212142_10383739.png


タイフォンの雄叫びやいすゞ製のエンジン音が当時を偲ばれます。

これだけ聞いていると車掌さんのアナウンス等もありませんので退屈さも感じさせますが
氏によって時系列を作成して頂いているのでこれを見ながら聞いていると「あ〜あそこのこんな場面なんだな〜」と想像されます。

f0212142_10352766.png


何らかの形で市販されて多くの方に聞いていただけたらと願って居ります。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-31 10:39 | 駿遠線関連 | Comments(2)

macでwindows

久々でPC関連です。

現在、macがメイン機で或る事は以前お話しましたが、winの便利性も否定出来ないので
Boot campでwin7をデュアルOSとして構成しています。
winが必要の時はそのwin7を立ち上げれば普通のwin機として使用出来ます。
これは、インテルmacのみ可能なんですがいちいち再起動させてOSを選択しなくてはいけないので
結構面倒くさいです。

今回Parallels Desktopというソフトを使用する事に依って再起動せずmacOS上でwinが使用出来ます。
こんな感じですね。

f0212142_805863.png


こんな便利なmacなんですが今迄のwin機に比べ緩慢さが感じます。
CPUもi5なんで確かに機敏さには欠けますね。
HDをSSDにすればかなり機敏になります。
次回のテーマにします。
でも、win機に比べると交換が難しそう!!!!
[PR]
by micmacbig | 2012-07-26 08:07 | PC関連 | Comments(2)

その後の判明した事その2

国交省からの情報で田町の事務所を訪れました。
書庫より、一応昭和8年時と49年時の図面を頂きましたが、倍率こそ違いますが
同じ図面の様にも取れます。
これは、同じ図面を使用したと考えられます。
幾ら49年と言っても40年近く以前の話しですので当然当時を覚えている職員も居られないと思いますので   だろう位しか言えません。

其れに依ると昭府町から福田が谷まで殆ど一直線で北に向かっているのが認識出来ます。

f0212142_7451076.jpg


肝心の部分が説明文でマスクされています。

f0212142_746641.jpg


また、当時の行政、商業の沖積地である安倍街道に駅から直線で行ける道が有ります。
それを逆に解釈すると各々の駅は安倍街道から直線で歩ける所に駅が有ったのは当然の事です。
完全に駅の位置として判明している「菖蒲が谷」と「御新田」は明白ですが「役場前」が小学校の西側の道沿いに有ったとの見解はこの図面により完全に否定されます。

又、先般土手に降りたとき黄色の国交省の杭が有りましたがこれはその杭の位置から天に向かっての
部分が国交省の管轄で、それより下側が川を管理する行政の管轄である(この場合は静岡市)との官官境界を示しているとの事です。
そして、東西の位置についてはとある区画との接点に杭を打つそうです。

f0212142_74438.jpg

やはり、闇雲に打って有るんではなく何らかの意味が有るんですね。

静岡市には工事記録が無いので情報は吸収出来ませんでした。
でも、無いだけで何らかの工事が有った事は推測されます。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-24 07:47 | その他の鉄道 | Comments(4)

現在判明した事

秋山川に関し土手を管理する国交省の情報に依ると昭和8年から49年迄の間に4回程の改修工事が行われたそうです。度の様な工事かの内容は不明ですが最初の昭和8年が注目ですね。

また、「安倍鉄道史」に有りました写真が1960年代と思われますので、昭和30年位も何か出そうです。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-19 09:38 | その他の鉄道 | Comments(0)

秋山川の土手

本日、長靴持参で川面の降りてみました。
ゾレなりの装備で行きましたので良かったですがヤブ蚊の大歓迎を受けましたね。
この秋山川其の物は以前は県の管轄でしたが、この4月からは静岡市の管轄に移行したらしいです。
で、土手は安倍川の土手と言う事で国(国交省)の管轄になるというややこしい面を出しております。

さあ、薮を掻き分け降りて行きます。
廃屋の東側部分が比較的茂み具合が薄いのでそこから侵入です。
恐らく人の出入りは無いではないかと思われ、かいろっぱの懐かしい匂いが充満しております。
でも、ヤブ蚊が凄いね〜

パット見た目は何か有る様には思えませんでした。
すると、杭が1本 見つかりました。

f0212142_755647.jpg


ちょっとアップしてみましょう。

f0212142_7511383.jpg


丸国ですので国交省がこの土手はおいらの管理だよと打ったんでしょう。
あまり面白くないです。
でも位置的には廃線路コースっぽいですね。

そして、その上側のガサガサしていくとこれも関係は無いと思いますがこんなコンクリートの固まりが有りました。
f0212142_7535564.jpg


これもアップすると。

f0212142_7543722.jpg


川に入って移動してみようと思いましたがおっとどっこい結構深いです。
長靴では潜ってしまいます。あきらめです。

昨日の其の時間内では遺構らしき物は残念でした。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-11 07:59 | その他の鉄道 | Comments(4)

安倍鉄道 遺構

昨日入手した情報ですがあの「安倍鉄道」の遺構は水神箸の築堤以外は皆無と言っても良い位
存在していませんが、その情報に寄ると秋山川の土手に橋桁が残っているとの事です。

丁度廃線路と思われる当りに獣道みたいな進入路が有りました。
関連しているんでしょうか?

f0212142_18541669.jpg


早速現地に行って来ましたが夏草が生い茂っていて存在は目視だけでは確認出来ませんでした。

f0212142_18522534.jpg

次回、長靴持参で行ってみようと思います。

時にこの秋山川ですが、団地よりの所は改修してコンクリートとなっておりますが、
昭府町寄りは昔のまんまで風情があります。
最近シジミが見つかったと聞いております。
川の水も大変綺麗で今年は蛍も飛び交う様です。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-09 18:58 | その他の鉄道 | Comments(0)

珍しく当りです。

最近はコンビニでも当りくじをやっているんですね。
ちょっと冷たい物が欲しくなったのでウルトラセブンに買いに行きました。
すると、2枚引いて下さいと箱をよこしましたのでどうせ当りっこないからと
隣り合わせのを2枚引き抜きましたら何と1枚は当選です。
 (おめでとう ございま〜す)
1700円くらいの買い物でしたがプレモルが1缶当たったんです。
滅多無いですね!
確率良いです。

f0212142_18172862.jpg


この調子で宝くじ 買っちゃおうかしら。
3億円当たったら どうしましょうか?????

軽便記念館でも建てる〜
静鉄の株買い占めて相良迄軽便通す〜
 いささか足りなすぎですね。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-09 18:17 | 食べる・飲む関連 | Comments(0)

写真の場所

昨日、大洲以北の候補地を全て当たりましたが、残念ながらそれらしい場所は確認出来ませんでした。
従いまして、大洲〜新藤枝間には存在していません。
とすると、有るとしたら中途と言うより岡崎以西と考えられます。
[PR]
by micmacbig | 2012-07-03 06:37 | 駿遠線関連 | Comments(0)

「消える駿遠線」

今回、個人制作された映像をご紹介します。

f0212142_2443732.jpg


f0212142_2452935.png


過日の焼津市のウォークの時係員から紹介されました焼津市在住の方が駿遠線の廃止を忍び
8mmフィルムを駆使してその英姿を映像として残されました。
何と、音楽まで挿入され見事な迄の映像となっております。
聞けば音楽関連のお仕事をされていたと聞きますのでなるほどと関心致します。
バックミュージックは「アルファンブラの思い出」とお馴染み「禁じられた遊び」が使われております。

氏は高校時代大洲から藤相線で新藤枝迄、そして慶全寺前まで大手線で通学されました。
阿形先生の写真集を食い入る様に懐かしがって読まれていたそのお姿が何か当時を思い起こしていたんでしょうか。

f0212142_246258.png


場面はお馴染み「大洲駅」です。
上新田に向かうキハD18ですね。
正面にまだフェンスの無い東名が見えます。

個人制作の為市販されていないのが残念ですが何らかの形で市販される事を願っております。

この度DVDに変換されたメディアにはNHKで放映された番組も収録されていました。


岐路、渦中の写真の候補地に立ち寄ってみましたがこれと言っての発見は無かったです。
う〜ん 何処なんでしょうね・・・・
[PR]
by micmacbig | 2012-07-02 02:53 | 駿遠線関連 | Comments(2)