<   2013年 02月 ( 7 )   > この月の画像一覧

歩こう会

新聞で下記のテーマのイベントを知りました。
まあ、歩こう会ですのでテーマに沿って単に歩くだけだろうと思いつつも
どんな内容なのかを知る為も含めT氏と共に参加して来ました。

9時に藤枝駅に集合して参加費300円を払い資料?を頂きました。
 まあ、これが資料を呼べるかは別として・・・・

f0212142_173999.jpg


簡単な(超)説明を受けて進路を先ず北に向けました。
勝草橋を目指します。
中途の説明も何も有りませんでした。
只黙々と歩け 歩け 歩け
キタムラの所から東の小道に入るので高州迄は古道を通るのかな?流石!
と思いきや、やおら西に向け33号線をまっしぐら。
それじゃ 何の為にぐるっと回ったんだよ〜
意味ないじゃん。

そのまま、すたすた進んで相良街道に入り又々すたすた。
歩こう会はすたすたが好きなんだね。
中途スタバでも寄って行くのかね!

で、とにかくすたすたで大井川迄行き着きそこで昼食となりました。
その後のコースは川を北上して六合の駅を目指す(だけ)との事でここでお別れして
二人で帰路に着きました。

まあ、やはり「歩こう会」ですので途中で説明やらは時間の関係で難しい面は有ると思います。
それはそれで良いんじゃないかと思います。

自分一人ではなかなか行動に移せませんが、この様な会が有れば表面だけでも齧れます。
そこから気に入れば再度それなりに探索すれば良いんですから。

ですから、本日は大井川に散歩に行ったら歩こう会のお方々と御一緒しました
の巻きでした。

でも、風が強かったですね〜〜〜〜〜
[PR]
by micmacbig | 2013-02-24 17:39 | 田沼古道関連 | Comments(0)

駿遠線のDVD

先般発売されたこのDVDが気になっていて買いました。
静岡県内を中心にしての各路線の30年代の映像です。

f0212142_5482594.jpg


f0212142_5491369.jpg


駿遠線も8分程の内容でしたが見た事の無い映像ばかりで十分堪能出来ましたね!
新幹線の工事中、菊川、須々木駅・・・・

突飛すべきはあの幻と言われている追い求めていた「桜ヶ池駅」が映っていた事です。
桜ヶ池駅に関しては閉鎖記念のしおりに小さく駅名表示板が有っただけで後は前後する
走行中の画像が有るだけでした。
近隣で聞き合わせても答えは「無い!」のみで諦めかけていた矢先です。

パソコンを写したと言う事で、

f0212142_5502958.png


奥井宗夫氏によるカラーでの映像。
将に超貴重版です。

鉄道物では十八番の Vicomからの発売です。
私はアマゾンで購入しましたが相変わらず早い配送ですね。
次の日には届いていました。
それと安いですね 流石です。

多のシリーズも有りますが予算が許せませんで・・・・(涙)
[PR]
by micmacbig | 2013-02-11 05:51 | 駿遠線関連 | Comments(8)

「はえたたき」

はえたたき 一体なんなんだろう?????
鉄道と何の関連が有るんだろうか?
当時ははえが車内に入り込んで五月蝿いのでこれを使った??

最初聞いたときはこんなだった。
で、聞いてみたら通信の為の電柱との事。
形が似ているのでこの様な名前が付いたとか。

そんな過去の異物である電信柱がまだ存在しているとの情報を城東電軌さんから伺い富士宮に行く用事が有ったのでこれ幸いと芦川まで足を伸ばしました。
ちなみに「あしがわ」と濁る様です。

f0212142_14195240.jpg


ナビが無いので聞いて聞いて何とか行き過ぎましたが辿り着く事が出来ました。

お〜居たよ!!!
よくもまあ 元気な姿のままいてくれたね〜

f0212142_14202711.jpg


f0212142_14213883.jpg
f0212142_1421345.jpg


民地に有る故勝手に撤去する事も出来ず生存していた「はえたたき」

美しい〜〜

あ〜これを見る為にわざわざ行った行為は解る人にしか解らんだろうな〜〜〜
[PR]
by micmacbig | 2013-02-06 14:22 | その他の鉄道 | Comments(0)

駿遠線のソノシート

オークションを眺めていたらこれが出ておりました。

以前入手した静岡高校のソノシートです。
  http://micmacbig.exblog.jp/16613831/

f0212142_240936.jpg

見ると静岡の方で業者の様です。古物商でもやっていらっしゃるんでしょうか。

他の出品物を見てみると魅力ある品々が見受けられます。
予算が許せば全部欲しいですね。
 (あくまで許せばです・・・・)
[PR]
by micmacbig | 2013-02-03 02:41 | 駿遠線関連 | Comments(2)

Zingにレカロを付けました。

以前から念願だった我がZingにレカロシートを装着しました。

f0212142_17434560.jpg


元来Zの純正シートは不評で座りごこちが大変悪いシートでした。
以前のZにも付けたのでとても純正では運転出来ないと思い、足回りやオーディオ関連を後回しにして
今回助手席共にレカロとしました。

f0212142_17444172.jpg


流石10年落ちの中古物ですがその医学的にも検証されているレカロのサポート性は幾多の新車よりも優れていると言っても過言ではないであろう。

10年落ちの中古故ある程度のダメージは有るが前所有者の大切に使われていた事から大変満足いく物です。

f0212142_17453565.jpg


腐ってもRECAROでしょうか!
[PR]
by micmacbig | 2013-02-02 17:46 | 車関連 | Comments(0)

「響」の源流を訪ねて 

ひょんな事からこのCDを入手する事となりました。

f0212142_3273514.jpg


その昔、若気の至りで?やっていたマンドリン音楽の吹奏楽バージョンです。
単なるアレンジバージョンと言うよりも更にコンセプトをしぼっている作品集です。
元々此れ等の作品はイタリアの吹奏楽の為に書かれておりましたが、吹奏楽で演奏された形跡は無く、日本に輸入されて故中野次郎氏に拠ってマンドリン音楽に編曲され大爆発を起こした作品の数々です。

マンドリンオリジナルとのジャンルされた作品の回帰とも言うべく元祖吹奏楽で演奏されたのが本CDである。

先ずはその英断に拍手を送りたいと思う!

アマチュア集団のマンドリン演奏とプロの吹奏楽団の演奏を比較する事は異次元の世界なので出来ない。
このプロ集団から音楽と言う物を勉強・吸収出来る要素は十分すぎるくらいです。

当時から、このマンドリンの為に編曲された原曲と言う物を見てみたい、聴いてみたい願望は有りましたがイタリアには楽譜も消滅していて知る人さえ無いと言うし、編曲した中野先生の元にしか存在していない。
 尚、現在では同志社大学の譜庫に管理されているとの事。

恰も、私の要望を聞いてくれたかの様に発起人のS氏が大阪市団にその企画を持ち込み幾多のハードルを越えてこのCDの発売となった様です。

全8曲からなり、マンドリン音楽を経験した人間は1曲を除いて演奏、もしくは聞いた事のある作品ばかりです。

f0212142_3282547.jpg


1、交響的大行進曲「ニューヨーク」/ジュゼッペ・マネンテ
2、ワルツ「懐かしき追憶」/ジュゼッペ・フィリッパ
3、田園風情景「祭」/クイント・ファッブリ
4、序曲「町の祭典」/ヴィットリオ・フィリッパ
5、ガヴォット「エンマ・イゾッタ」/ウーゴ・ボッタキアリ
6、幻想曲「華燭の祭典」/ジュゼッペ・マネンテ
そして、アンコールに演奏されたと言う
アンコール1、怯える小鳥/ジュゼッペ・フィリッパ
アンコール2、メリアの平原にて/ジュゼッペ・マネンテ
豪華な曲目です。

その1曲と言うのがかの「交響的前奏曲」の作曲者であるウーゴ・ボッタキアリの「エンマ・イゾッタ」である。聞いた事も当然演奏した事もない初めて目にする曲ですね。
ガボットなので単なる小品かなと安く見ていたらとんでもない音楽性の高い曲でした。
楽譜としては難しくは無いと思われるがどうして演奏して曲とするのは大変難しいと感じました。
かえって「メリア」辺りの方がいけいけで結構曲になったりして・・・

f0212142_3292354.jpg


大変気に入りましたのでi phoneに取り込んで持ち運びが出来る様にしました。
[PR]
by micmacbig | 2013-02-02 03:30 | 音楽関連 | Comments(4)

昨日の中日新聞

あの軽便博士と呼ばれている阿形先生の活動記事が中日新聞に出ているからと先生から連絡が有り、
早速、コンビニで買ってきました。
さいごの1部でした。 ラッキー!

大きく出ておりますね。
A4では収まりきれませんでした。
図書館には置いてあると思いますよ。

f0212142_1465316.jpg

新聞に依りますとこの夏に新しい書籍が発刊されるとの事。
どんな内容なんでしょうかね。
大変と楽しみですね。

この記事を読んで一人でもこの「駿遠線」に興味を持って頂けたらと願っております。

それに伴って本屋さんでも写真集などが売り上げ増加となるんでしょうね。
期待します。
[PR]
by micmacbig | 2013-02-01 10:11 | 駿遠線関連 | Comments(4)