<   2014年 04月 ( 5 )   > この月の画像一覧

大慶寺の音楽祭

歴史有るお寺であります「大慶寺」で音楽祭が開かれます。
明日27日です。
著名なゲストも迎えてのこの音楽祭。

f0212142_630471.jpg


f0212142_6303599.jpg


当方は仕事故行けませんが、お時間有る方は是非行ってみて下さい。
入場無料が嬉しいです。

FBページはこちらです。

その直ぐ南側に有る先述の大門を散策するも面白いですよ。
そう言う意味でもここ藤枝には歴史があちらこちらに存在しております。
知らない小路を歩くのは楽しいですよ。
[PR]
by micmacbig | 2014-04-26 06:31 | 地元・地域関連 | Comments(0)

岡出山駅

「藤枝本町駅」として知られているこの駅は以前は「岡出山駅」と称していました。
それは、飽波神社を擁する岡出山から取られた名称と察せられます。
この駅の面白さは北から伸びる黒俣街道に接していますがその反対側は田圃ばかりで
道が無かったと言う事です。

f0212142_18383139.png


その当時の藤枝は旧東海道がメインでそこに立ち並んで町を形成しているのみでした。
従ってその黒俣街道の先っぽに駅を作った訳なので南からのアクセスは必要が無かった訳です。

この変則的とも言える道の形が駅の姿であった。

f0212142_18392862.jpg


f0212142_18395538.jpg


f0212142_18402282.jpg


f0212142_18404780.jpg


また、もう一つ面白いのが現在の藤枝4丁目は閑静な住宅街ですが何と当時は色町として町が形成されていた事です。
在の方々はその辺りを新地と今でも呼んでいるそうです。
新地と言えば大阪の飛田新地で有名ですがここ藤枝にも存在していたんです。
当時は5件の営業所が有り、35人の営業員が居られたと聞いています。
中には静岡や浜松から来る強者もいて藤枝から大手線で岡出山に降り立ったとも話が有ります。

この横の道路と比べるとかなり広い道路が嘗ての大門と呼ばれた営業所の有った所で有る。

f0212142_18485389.png


そんな、岡出山駅が国道1号線の開通に伴い駅舎の移動と駅を南北に縦断する道路の建設が始まりました。
まるで国の政策の為に地方鉄道が変革を余儀なくさせられるのは奥山線と二俣線の姿を見ている様です。

そして昭和31年1月 駅舎も移り名を藤枝の新町ではなく本町で有るとの主張で「藤枝本町駅」と改称されたと伝えられている。

やがて新国道にアクセス道路が通じ、48年には市役所をも擁す行政の中心地となった事は言うまでもない。
[PR]
by micmacbig | 2014-04-23 18:51 | 駿遠線関連 | Comments(2)

ひくまの出版

児童書で署名な「ひくまの出版」が破産したと言う記事が本日の新聞に載っていました。
webバージョンはちらです。

多くの図書の中にこの本が有り図書館で借りてきて読みあさった物です。

f0212142_5492074.jpg


奥山線を初めやはり浜松近郊の路線がメインですが駿遠線もかなりの割合で占めていて
特に、岡崎の陸橋の写真(廃線後ですが)の写真で初めて陸橋が有った事を知りました。

このすざましい動きの現在ですのでこの様な現象は今始まった事ではないですが、特徴有る地方出版社としては大変残念な話であります。

虫が知らせてくれた訳でもないが先日この書がヤフオクに出ていて迷わず落札しました。
借りてきて読んだ本ですがやはり手元に有るのと無いのでは重きも違います。

合掌!
[PR]
by micmacbig | 2014-04-22 06:05 | 地元・地域関連 | Comments(4)

鉄学の道

ここ藤枝は駿遠線の町としてその名を馳せておりますが、もう一つの著名な鉄道の記録を持っている町でもあります。

ご存知の様に新幹線のの速度実験を在来線でやり163kmの最速記録を打ち立てた町でもあります。
その映像が
こちら
にあります。

来る5月11日に市の企画としてその新幹線記録到達の場所と駿遠線の廃線路を歩くツアーが開かれます。

当方は他の用事で参加出来ませんがご興味の有る方は如何でしょうか。
電話のみの受付で恐らく当日の午前中には締め切りになると予想します。

f0212142_853061.jpg


また、WEBバージョンはこちらです。
[PR]
by micmacbig | 2014-04-12 08:12 | 駿遠線関連 | Comments(4)

迷宮入り回避

あれはもう3年くらい前になるんでしょうか。
  (歌の文句ではないすよ)

ネットで駿遠線について調べていた時知ったやぶおさん」のHPに廃線後の写真が載っておりました。

f0212142_6343024.png

鉄道好きなE氏が駿遠線のその後を調べたく撮った何枚かの写真の一つでした。
A地点とB地点との間で有る事は間違いが無く大きめの道路と交差する箇所の画像ですのでそんなには難しくない写真です。
とすると、あそこでしょう!と簡単に推測出来ましたが、おっとどっこい 現地で聞き合わせすると
知らない、見た事は無い、ここじゃないよ、・・・・
かなり広範囲で当時を知ってそうな所は聞いてみました。

当時の航空写真、ゼンリン地図を駆使して。

ところが、現地の方からの情報、証言が得られませんでした。
確証証拠が無ければ断定は出来ません。
見込みで逮捕すれば冤罪事件になってしまいますね。
(先日もありましたが)

そんなこんなで時が過ぎてしましたが心の何処かで引っかかっておりました。
よし、もう1回洗い直してみようと再度航空写真で確認をとり、先般聞き合わせたお宅にお邪魔しましたが答えは当時と変わらぬ答えでした。
が、新たな情報が得られました。
当時そこに住んでおられたお宅の場所を教えて頂く事が出来、お邪魔しました。
が、インターフォン越しに物の見事に知りませんの一言で退散を余儀なく!
ここで諦めたらBEN-KEI-SHIの名が廃りますので更に以前お伺いしたお宅にお邪魔。
先般は若主人さんにお伺いでしたが今回は先代のご主人さんが居られたのでお伺いするとビンゴでした。

昭和52年の画像なので以外と?若主人さんですと覚えが少なかったんでしょう。
が、先代ですとご自分が作った家ですので記憶もしっかりしていたんでしょうか。
もし、同時代の自分の実家近くの写真を見て、ここだ!と判断出来るかどうか半信半疑です。

この瞬間逮捕状を撮る事が出来犯人逮捕となりました。
犯人は田沼2丁目の交差点(前科無し)でした。

やぶおさん 長い間解決出来ずに申し訳なかったです。

でも、なんであんなに特徴強い場面なのに近隣の方から記憶が消えてしまったんでしょうか?
まあ、それがミステリーなんですが。
[PR]
by micmacbig | 2014-04-07 06:35 | 駿遠線関連 | Comments(2)