<   2015年 12月 ( 4 )   > この月の画像一覧

阿形先生 大東講演会

行って来ました、大東へ!

普段の行いが良かったので?晴天の19日でした。
8時30分 藤枝駅でN氏、S氏と待ち合わせいざ出発。
中途、高州の水路を確認して牧之原にてY氏と合流。
相良の町に寄って相良駅の位置を再確認しました。
港橋から駅に向かう道のりは当時とは異なっておりますが、横の空き地に
恐らく当時の道であろうと思える筋を見つけました。
その空き地部分に関しては後日調べて見る予定です。

そして、一路大東へ。
昼食を好で食べようと行きましたが何と開店が11時30分から。
まだ30分弱も有りますので待っていれば講演会に間に合わなくなる可能性も有りますので
諦め中途のスーパーでお弁当を買い車中で済ませました。
まあ、これはこれで味ですね。

そこにU氏と遭遇、先日入手した貴重な物を拝見しました。
ちょっとご披露!
f0212142_05135873.jpg

Uさん 貴重な物をありがとうございました。

で、展示室に行きました。
壁を囲む様に写真が勢揃い。
見た事の有る物も多数有りますが初めて見る写真には釘付けでした。

それらは著作権等の関係で載せられませんがこんな愛嬌の有る物も人気の様でした。

f0212142_05170403.jpg
これもご披露。

f0212142_05272668.jpg

さあ、講演会が始まりました。
阿形先生ならではの優しさに溢れるトークは会場の聴講者を魅了させました。

f0212142_05280717.jpeg


テキストです。
f0212142_05283954.jpeg

f0212142_05322865.jpeg

楽しかった1時間30分もあっという間に過ぎ去りさあいよいよ反省会場に集結です。
いや〜飲んだ!飲んだ!!
ここも飲むのに忙しく?写真は撮れませんでした・・・
その代わりにはなりませんが駅のイルミネーションの端部分です。

f0212142_05370282.jpg






[PR]
by micmacbig | 2015-12-21 05:37 | 駿遠線関連 | Comments(4)

85ページの写真 続き

「橋梁について」さんから大変詳しい情報を頂きましたのでここも少し膨らませようと思います。

先ず、問題の谷口駅西側の水路については縦断面図を見ると記載が有りません。
WIKIに依ると>また旧国鉄では、鉄道橋のうち径間が 1m 以上 5m 未満の橋梁を「溝渠(カルバート)」と呼び、1m 未満のものは橋梁扱いとせず「暗渠」または「開渠」と呼ばれていた[1]

との記述です、
ところが、谷口駅西側の水路にはそれらの記載は有りません。
開渠にも値しないと言う事でしょうか???

f0212142_06591748.jpeg

同じ例が大手〜慶全寺間にも有ります。
某スーパー前の部分です。
水路が北から南に斜めに線路を横切っておりました。
が、縦断面図にはその記載が有りません。
俗に言う田圃の水路の様な物との事です。

f0212142_07051603.jpeg

で、DVDの映像に有った高州駅手前の水路は開渠の記載が有ります。

f0212142_07222022.jpeg
(ページの境目ですので見えにくいですが・・・)

現在でも暗渠となっていて解りにくいですが道路上にその痕跡は存在しておりますので
証となりますね。

f0212142_07304427.png

「橋梁」という言葉の使い方なんでしょうか?

まあ、表現は有るとしても画像は谷口駅西側部分と確信しております。





[PR]
by micmacbig | 2015-12-15 07:35 | Comments(2)

谷口駅西側の水路

789zxc789さんよりビデオ映像のお話を頂きましたので、少し膨らもうと思います。

ご存知の様に袋井市の教育委員会がデータをお持ちの方々から集められて編集した映像集です。
現在正式に販売されているのはDVDバージョンです。
その内容が勝手にYou Tube上にアップされ多くの方がご覧に無っている様ですがはっきり言って
無断でアップするのは違法行為となります。
性善説で考えYou Tubeで見てDVDを買ってくれる事を願っております。
ちなみに購入先はクラフト 054−283−8418です。
先生の写真集P34〜36にその記述が有ります。
現在在庫が有るかは確認しておりませんがまだお持ちでない方は則電話してみて下さい。

f0212142_05395433.jpeg

その映像がこれですね。

f0212142_05432711.png
そして水路が確認出来ます。

f0212142_05433545.png
尚縦断面図には表示されておりませんのでこの程度の小さな水路は表示する必要性が無いのかもしれませんね。
この辺は高州駅手前の水路も同様です。
f0212142_05482222.png
f0212142_05482222.png
f0212142_05482283.png

因に1962年の航空写真です。
f0212142_05501026.png

興味ある方は是非現地に赴いて下さいね。






[PR]
by micmacbig | 2015-12-07 05:51 | 駿遠線関連 | Comments(2)

「歴史に残す」85ページの写真

昨日85ページに有ります「谷口付近」と形容の有る画像の精査に参りました。
当初谷口付近で川的な物と言えば写真集の方の谷口駅の写真に幅の狭い水路が写っていましたのでそれかなとは
思っていましたが、果たして今迄歩いていてもその水路の存在には気がつきませんでした。
従って野賀駅東側の消防署の西側の龍今寺川かな?とも思いましたが比較してみるとここでは幅が広すぎます。
で改めて谷口駅を探索すると今迄見えなかった水路が発見?されました。
当時とは姿が変容しておりますので比較は難しいですが、写真集の左下には矢柄神社の木々が見えますし。
軌道から旧150号線迄は広大な田圃が拡がっております。

f0212142_09402975.jpg

f0212142_09402943.jpg

f0212142_09402931.jpg

f0212142_09402888.jpg

f0212142_09402841.jpg





これらから、歴史85ページの写真は谷口駅直ぐ西側の水路と判明しました。
確かに北側の山側から水路が流れております。
河川改修も有りますが幅も2尺程度とほぼ変わらないと思われます。

おまけでもないですが、藤枝駅北側の再開発が着々と進んでおります。
行きの藤枝駅ホームからの撮影です。
民家迄も餌食になっているのが確認出来ます。

f0212142_09432287.jpg

f0212142_09432046.jpg

f0212142_09431869.jpg

f0212142_09431642.jpg






[PR]
by micmacbig | 2015-12-06 09:44 | 駿遠線関連 | Comments(4)