<   2017年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

横井軌道 判明

RMライブラリーにて見つけた図面です。

f0212142_06060386.jpeg
前回、暗礁に乗り上げ挫折しかかった探索ですが、方向を公図探索に切り替え法務局に出向きました。
が、そこからは何も発掘されずと言うか、法務局ではピンポイントの図面しか出してくれないので
地番が少し違うと目的の物が発見で来ません。
かといって闇雲にその辺を出してもらうと料金が発生しますのでとんでもない金額になってしまいます。
その辺が雄図の聞かないお役所ですね。

で、待っている間に備え付けのブルーマップを見ていると何やら現在とは違う様相が描かれていて
明らかに証拠となる名称が有りました。が、それが何年の発行なのかが記載されていません。
伺うとコピーをした物で局としても何年のをコピーしたかが掴んでいないとの事です。
が、兎に角マルハンの所には加藤某という地主さんの名前が有ります。
これは先般地元で聞いたお話と合致します。

で、その足で図書館に向かい探してみると土地宝典が有りました。
宝典は見にくいので有名?ですが何やら斜めの細い線が有ります。
コレッっぽい。聞いた話と同じ線です。
が、残念ながら軌道の記載は有りませんでした。
f0212142_06050498.jpeg

f0212142_06052180.jpeg
間違いの無いと確認して、島田市役所に出向きました。
租税の関連で古い図面を納税課では保管している例が多いので
伺ったら大ビンゴでした。
宝典と同様の斜めの線が有り、そこには地目の雑種地の下に軌道の名称が記載されていました。

f0212142_06040402.jpeg

f0212142_06054686.jpeg


此れ等に依り確かに「横井軌道」が存在していた事は間違いの無い事実でした。

f0212142_06044501.jpg

f0212142_06085626.jpg

が、正式に何時作られ、何時廃止されたかは以前として不明ですが、聞いた範囲での話では
明治30年頃加藤製材が出来、戦後間もなくの頃廃止となって居る様です。
また、その廃止された要因として大井川のダム建設により水運での木材の運搬が不可能になった故らしいですね。
そこで、加藤製材は島田駅西側の所で鉄道に依る運搬し、新たに製材業を開始した様です。
が、外材の流入やら清水への製材業の変遷やらで島田全般的に製材業が衰滅してきました。

地元でも忘れ去られたこの「横井軌道」,島田軌道同様歴史上の重要点として残しておきたい物です。

[PR]
by micmacbig | 2017-12-14 06:09 | その他の鉄道 | Comments(0)