「大鐵」で静岡に行ってきました。

題名だけで判断すると、何〜大鐵がJR乗り入れ出来るのか〜とかの想像も出来ますが、先日復旧した大井川鐵道 井川線で井川に行きました。
車では何回か行った井川ですが大井川鐵道では今回初めての井川入りでした。

先ずは所用の関係で新金谷に車を置き(車中での居酒屋は断念)普通列車で千頭迄。
SL急行は確かに風情と蒸気機関車と言う物珍しさもありますが、ゆったりとローカルを堪能しながらの旅も一興です。
場所も覚えますしね。
f0212142_05575998.jpg

次回はこいつで行きたいね。

f0212142_06014688.jpg

そうこうしているうちに南海君が到着です。
f0212142_06023741.jpg


途中、お馴染み所神尾や家山を経て千頭に到着。
f0212142_06034768.jpg
f0212142_06041730.jpg
普段は外から撮っている第1鉄橋
f0212142_06061211.jpg

そして千頭に。
f0212142_06065391.jpg

で、井川線に乗り継ぎます。
何時見てもこの子は可愛いです。
f0212142_06075633.jpg

流石南アルプスです。
山が段々深くなり大井川が遠く映ります。

f0212142_06100977.jpg

取りあえず先ずはここまで。











[PR]
# by micmacbig | 2017-03-16 06:11 | その他の鉄道 | Comments(2)

ああ、懐かしい思い出は記憶の中だけに。

撤去作業で様々なドラマを展開した萩間川の「江湖畑端」が完全に撤去工事を終了させ綺麗さっぱりとなっていました。
はたしてそこには何も無かったかの様な展開です。

f0212142_06300820.jpg

f0212142_06301436.jpg

f0212142_06302142.jpg


やがて、時の過ぎ行くままに人々の記憶から遠のいてしまう危惧を感じました。
せめて記念碑的な物でも建ててくれたらな〜と感じたのは私一人のみでしょうか。

我が家にその鉄骨の一部を頂いております。
それを見ながら健在だった頃を回想するのがこれからの日課でしょうか。

それとリンクはしておりませんが、「須々木駅」の駅名標が新しくなりました。
まあ、江湖畑橋の生まれ変わりと勝手に思っております。
それこそ、橋の一部を合体させていたらもっと面白かったと思います。

f0212142_06304000.jpg

そして久々にお会いした用地杭さん。

f0212142_06325526.jpg

f0212142_06325387.jpg

そして土台となったホーム

f0212142_06325715.jpg

今宵のお酒が美味かった事は言う迄もありません。

f0212142_06331623.jpg






[PR]
# by micmacbig | 2017-03-09 06:37 | 駿遠線関連 | Comments(0)

楽しかった四国ともお別れ、現実が近づいてきました。

四国4県の乗り鉄旅も終わり、帰路に着く日となりました。

荷物も纏めホテルを後にして、最後のおうどんを食べに「味庄」に
3日連チャンです。
当然、ひやあつトリプル!美味しく堪能してマスターに別れを告げ、往路とは異なり
バスにて鳴門から大阪入りしました。
最近のバスはコンセント付き、Wifiも飛んでいるので快適ですね。
乗り物酔いを先ず頂きます。
別な処方箋を頂き、バス様と言う事で2本立てです。

f0212142_06435386.jpg
これがホントの讃岐の天ぷら。

そして、難波の駅に到着。
銀ちゃんは居ませんでしたが・・・
f0212142_06470027.jpg

一目散に入場券を買ってホームに。
f0212142_06505965.jpg
関西空港に繋がる関係で海外の方が殆どですね。

で、暫く待つといよいよ「ラピート」君が登場です。
当然、WRブルーの方です。

f0212142_06502883.jpg



f0212142_06512641.jpg
最後部?
f0212142_06514642.jpg
会えて満足しながら新大阪駅へ。
でも3回も乗り換えるのか〜〜

さあ、薬を頂きましたので酔わない様に先ず飲んで。
f0212142_06540442.jpg

堪能した四国旅行も終焉です。
みんな、ありがとうね。






[PR]
# by micmacbig | 2017-02-14 06:54 | その他の鉄道 | Comments(0)

あれから40年 高松は豹変した。

今回縁有って4泊5日で四国4県JR乗り継ぎで行ってきました。
昔所属していたTMCの演奏会に合わせ、ブラタモ探索とJRの企画「ぶらり四国路」を利用して
4県巡りをした次第です。

順不同ですが、2日目のブラタモ探索から行きたいと思います。
全ての行動を追う事は時間的にも難しいのでピンポイント探索です。
友人のT氏が車を出して頂き、先ずは滝宮天満宮でお参り。
f0212142_03071217.jpg


小雨がぱらつく中でしたが当時の琴平街道の痕跡です。
タモリさんが見つけた人工的な穴が確認で出来ます。

f0212142_03104488.jpg
また、川岸を見るとコンクリートの紋様が異なっております。
f0212142_03123578.jpg

この端の幅に比べ異様に広い端の手前は嘗ての道と現在の道の混合体ですね。

f0212142_03142021.jpg
従って、解説に有った様に現在の橋の北側に嘗ては橋が架かり人々はこんぴらさんを目指した様です。

まあ、形は違いますが田沼古道みたいな感じですね。

そこから地図を頼りに堰を目指しますが最初は分からず行き過ぎてしまいましたが
「え〜こんな所を入るのか〜」でなんとか綾川の堰に着きました。


f0212142_03191619.jpg
コトデンの鉄橋ですが周りの風景も野趣が有ります。
綾川ならではの水量の豊かさを感じさせる場面ですね。
この水量と小麦作りに適した土壌が讃岐うどんを発生させております。

そこから時間もないので一路琴平へ。
細かい所ははしょりましたが、琴平の凄さを感じさせる場面でした。
あの小さい町に最大4社もの鉄道が乗り入れしていたんです。
国鉄、コトデンの他に琴平急行鉄道、そして憧れ的な琴平参宮鉄道。
恰も、藤枝に国鉄、駿遠線の他に◎△鉄道、☆□鉄道が有った感じですね。

この現在郵便局が琴平急行鉄道の駅です。
f0212142_03281636.jpg
それに負けず少しでも本宮に近づこうとした琴平参宮鉄道の駅がこちら。

f0212142_03295802.jpg
当時の敷地そのままの形で残っております。
此所凄いですね。

両方を垣間みるとその姿が浮かび上がってきます。

f0212142_03323086.jpg
番組の画面をお借りすると4社の混戦具合が見えてきます。

f0212142_03420579.png
凌ぎを削っていたんです。
それだけこんぴらさんにお参りする方々が多かった現れです。

浜岡の桜が池はお祭りの時の一発勝負でしたので常に参拝客が居たんなら
もっともっと駿遠線も反映していたんですがね〜〜〜

ざっと駆け足表面のみでしたがブラタモ探索でした。

ついでにお昼はこれ!
良いテイスト出てますよ。鳥もおうどんも!!
f0212142_03493317.jpg

f0212142_03492174.jpg

で夜はT氏お勧めの骨付き鳥で乾杯〜
f0212142_03485677.jpg

まあ、絶品以外の言葉は出ませんでしたね。
で締めのご飯。これがまたばか美味。
f0212142_03490727.jpg
良質な鶏からの油ですのですっきりしております。














[PR]
# by micmacbig | 2017-02-10 03:53 | その他の鉄道 | Comments(0)

桜が池の廃線路 登って見ました。

当初より念願だった桜が池駅からの路線の一部で有る高台から用地杭の有る場所迄竹薮の中を突入して到達しました。
大凡の場面はこんな感じですね。
f0212142_17401241.jpg

さあ、待望の?竹薮侵入です。

f0212142_17414695.jpg

思ったより季節の関係も有り歩き易かったです。
でも、一人だと不安ですね。

掻き分け、掻き分けやったよ〜。
到達です。

f0212142_17435476.jpg

記念写真をパチリ。

f0212142_17443014.jpg

現在との高低差。

f0212142_17451301.jpg

当時は現在の道は無く、その道のこの高台部分の高さで更にサミット目指し走って行きました。
従って正確な路線は鳥かスーパーマンでないと辿れません。

道側から見た廃線路跡(部分)?

f0212142_17483600.jpg
廃線後、道路建設のため山を切り崩したんでしょう。


縦断面図で見ると理解出来ます。

f0212142_17531567.png

満足しました。肩の荷がおり大変スッキリです。

さあ、今日は飲むぞ〜〜〜

ちなみに当時の桜が池駅です。

f0212142_17572229.png






[PR]
# by micmacbig | 2017-02-01 17:58 | 駿遠線関連 | Comments(2)