住友プロペラ工場への土砂運搬線

先般の調査で住友プロペラ工場の軟弱地盤解決の為の土砂は有度山西麓の現静岡大学の地より砕土してトロッコ列車で運んだ所迄は判明した。
資料としては例に依って国交省の航空写真と国土地理院の地形図。
1946年片山
f0212142_02255234.jpg

昭和35年資料修正 静岡東部
f0212142_02274939.jpeg
が、いかんせん現在とは似ても似つかぬ姿である。
静岡中央図書館にて土地宝典を紐解くも1986年版故痕跡も記載されておらず役にはならず。
で、お得意のアナログ作戦で近隣に聴き込むが到達地点の富士見台では、情報無し。
有っても、モスリン線やプロペラ工場の引込線と勘違いしているばかりである。
当然戦中、戦前の事であるので当然では有るが・・・

で、片山地区に移動して数人目かのとある古老に尋ねると見事覚えておいておられ
確かに静大付近から土砂を運んだ事をお話しされた。
が、当然大谷川の改修工事で土地の形状は変容しているのでディーティールな部分は判明しないが
大凡の路線は覚えておられた。それに依ると長沢川の南側から進んで途中で川を越え現在のバローの南側だったと。
また、運んだのは木炭車の軽便鉄道だったとのお話を得た。
これらは、地形図、航空写真とも合致しその存在は明らかとなった。

が、問題は静大からのメインと少し北側からのサブの2線が何処を通り何処で合流していたか?
田圃だらけの中をどのように進んで行ったかは推測論しか今は言えない。
f0212142_02433211.jpg
ブルーmapを見てみると不思議な線が見つかる。
これらはこの土砂運搬線と関係が有るのか?
推測論ではこれらが地区の区分的役割をしても可笑しくはないが。

片山地区
f0212142_03074916.jpeg
富士見台地区
f0212142_03075623.jpeg

これらからここが廃線路との判断にはなるが公的、史的なデータが無い以上推測論の段階で有る。

直接関係が有るのかは別としてこんな面白い道すがらを見つけた。
片山地区では
f0212142_03142766.jpg

f0212142_03142948.jpg

富士見地区では
f0212142_03170250.jpg

正式解明には恐らくほど遠いと感じるが静大の場所から土砂を、高松の地盤改良に軽便鉄道を使用して運んだ事は間違いの無い事が判明した。

何か同様の事が遠江射場建設の為に谷口の山からトロッコ路線で土を運んだ話を思い出した。








[PR]
# by micmacbig | 2016-12-22 03:26 | その他の鉄道 | Comments(0)

いよいよ西岸にも着手しております。

先日行われた配布会は無事15個が完売ではなく希望者に分けられたとの事です。
従って、第2期の配布会は行われない模様です。
やはり手間も掛りますし時間の浪費にも繋がりますので致し方無いですね。
一番大きな鉄骨は相良の資料館に運ばれましたので何れは皆さんの目に触れる時が訪れる事と思います。

今日は水の流れも変えいよいよ西岸工事に向かっていました。
寂しさも一入です。

f0212142_18024532.jpg

f0212142_18024796.jpg


小型の物は焼津の暦民館に保管されておりますのでこれも展示されるでしょう。

[PR]
# by micmacbig | 2016-12-21 18:03 | 駿遠線関連 | Comments(0)

こんなのもヤフオクで。

ヤフオク市場には様々な物が出品されております。
当方も何点か落札して宝としている物も有ります。
また、欲しくて入札しても更に高値を付けられ奪われてしまった事も有りました。
そんなヤフオク市場に希少なる物が出品されておりました。

です。
やはり欲しいですよね。
が、希少故のお値段が・・・・・・・・
とてもボンビー族にはほど縁遠い数字です。
まあ、当然入札はしませんが(出来ませんが・・・)

でも、ここから重要な歴史的価値を見る事が出来ます。
遠州川崎駅からの切符。
藤枝新駅迄の切符。
両駅とも昭和30年迄はこの駅名でした。(記憶不確か)

切符には18.11.10との記載が有ります。
従ってこの年は5社合併の年であり。11月は既に藤相鉄道から静岡鉄道藤相線に移管した直後である。

如何でしょうか、何方かこの貴重な切符を落札しては!
幾らくらい迄高騰するは興味高いですね。
それとも入札者無しのままかしら・・・

[PR]
# by micmacbig | 2016-12-19 07:17 | 駿遠線関連 | Comments(2)

江湖畑橋が我が家にやってきた。

昨日 江湖畑橋の鉄骨端材の配布会が開催されました。
単に、これだけの事ですがわざわざ切断して時間と取ってくれた土木事務所と施行会社に感謝を致します。
ブルーシートと古布団で包んで運び庭に設置しました。(と言う程の事では無いですが・・・)

頂いたのはこちらです。
f0212142_08294213.png

そして、仲良く用地杭と共に。
f0212142_08302688.jpg
(配置の仕方は単に置いてあるだけです。)

また、手前に有る棒の様な物は瀬戸川の土手に有った橋梁を支えていたコンクリの鉄骨です。
まあ、知らない人が見たら何だこれ?
ですが、私にとっては掛け替えの無い物です。




[PR]
# by micmacbig | 2016-12-16 08:34 | 駿遠線関連 | Comments(0)

いよいよ解体工事が始まりました。

今か今かと待っていた?江湖畑橋の解体工事が始まっております。
この間の日曜日には姿を留めておりましたが見るも無惨な姿に変容しております。
それと日本の土木工学技術の高さに関心をした次第です。(笑)

適当にあれこれ。
f0212142_16092277.jpg

f0212142_16092091.jpg

f0212142_16091837.jpg

f0212142_16091781.jpg

f0212142_16090994.jpg

来週には完全に其の姿を見る事は不可能でしょう。



[PR]
# by micmacbig | 2016-11-30 16:10 | 駿遠線関連 | Comments(2)