八光山森林軌道 第3楽章

先にも記した様にこの軌道を認識したのは五和村の土地宝典からだった。
通常の土地宝典はアナログの書籍であるが今回の宝典はこちらのDVDに収録された宝典である。
金谷図書館にて見つけ係員から制作者を紹介頂きその制作者から購入した物である。
当然購入ですので対価は発生するが、これがこのお値段で良いの〜??と言うバーゲンか書くと言うかボランティア価格である。
f0212142_16223414.jpg

f0212142_16223515.jpg
このDVDには宝典の他村誌や、貴重な写真の数々が収録され将に宝典である。

ご希望者は是非お尋ね下さい。

f0212142_16325463.png
f0212142_16321174.png
ちなみに当方が所有しているのは相良の宝典です。
f0212142_16445777.jpg




[PR]
# by micmacbig | 2018-04-18 16:33 | その他の鉄道 | Comments(0)

八光山森林軌道 第2楽章

先日の精査でこの御立ち台からの山中に入る林道が「八光山森林軌道」で有った事が確定されたが、
改めて国土地理院の地形図を見直してみた。
当初は単に固有名詞を探すのみで見ただけだったが、改めて見直すと色々判明して来た。

先ずは明治20年の地形図です。
f0212142_05572720.jpeg
大井川鐵道もまだ無い時で有る。
次に大正5年
f0212142_06000373.jpeg
其の地形図に開通したばかりの大井川鐵道が補入されている昭和5年
f0212142_06014006.jpeg
そして時は流れ昭和15年を見ると。
f0212142_06030152.jpeg
高熊トンネル辺りからの光景に変化が見られる。

そして、昭和31年になると見慣れた現在の姿と化している。
f0212142_06051733.jpeg
この昭和15年の地形図がキーマンである。
高熊トンネルから左の山中に伸びる線が見えるが、これを拡大すると
f0212142_06080688.png
軌道の軌とも読める文字と国土地理院の下記の地図記号らしき物を感じる。
f0212142_06103465.png
ここの文字と思われる物を改めて見直しました。
すると期待も込めてこんな風に見えました。
如何でしょうか?
f0212142_18364489.png
とすれば公的図面の国交省の地形図に固有名詞が称されている事となります。

これと先の五和村の土地宝典と照らし合わせると森林軌道で有る事は明白の理と感じる。
f0212142_06165235.png
そして昭和31年には言葉、記号とも存在しない事から軌道は存在し無い事となる。
これと、先の福用の地で伺った古老の話と合致する。
やはり、終戦間際の昭和19年に廃線となり其のレールは軍に没収されたと予想される。

何分駆け足での精査ですので不足点多々有ると思われますので他の情報有りましたらご連絡を宜しくお願い致します。





[PR]
# by micmacbig | 2018-04-16 06:18 | その他の鉄道 | Comments(0)

八光山森林軌道

RM Ribraryの井川線の書籍により横井軌道を知ってその軌道を確かめた訳だが、同時に福用に「この「森林軌道」の名を見出し
追求してみた。
f0212142_06093116.jpg
その森林軌道は有ったらしいとの話は聴くが具体的な確証は掴めずのままであった。
地元でもこの古老なら何かを知って居るんではないか?と訪ねるも軌道は知らない。
木馬なら有ったよ。
との返事のみで有った。

横井軌道も一応解決して数ヶ月が経った先日新たな疑問が湧き出て現地に訪れる。
ネット上ではこの
が有りそれ以外は固有名詞すら無い状態である。


これは其の2であり、其の1と其の3が続いている。
が、此所でもその固有名詞は見出せていない。

そんな中興味ある山に入る道が有り、木馬で木材を運び出していたとの話を聞く。
かれこれ60年位前の事らしい。
これが軌道なのかと五和村の土地宝典を紐解くと今迄見なかった五和村全図にこの森林軌道と固有名詞を見出した。
f0212142_05520446.jpg
f0212142_05520472.jpg

f0212142_06000487.png



これは確かであると確信して島田市役所にて古公図を紐解くがそこには軌道の名はおろか
道としての印も無い。
有るのは水路としての水色の線のみである。
現在はそこはハイキングコースとして整備されていて当然歩ける。
f0212142_05583985.jpg
f0212142_05585388.jpg
が当時は山の斜面を使っての木馬道だったので道では無かった事となる。
公図には道としては御立ち台に向かう道しか描かれていない。

そこで良く図面を見てみると軌道はそのハイキングコースより更に上から伸び将に御立ち台の所から山中に入っている。
この道は、あのグログの道すがらである。

そして、昨日福用の地にて大正14年生まれの古老からこの御立ち台からの道が軌道であったとの証言を頂いた。
その軌道は昭和の初期頃より駆動して終戦間際の昭和19年頃迄有ったとの事。

これでは、多くの現役者が知る由も無い。
現在その軌道に関しては彼の他には確認出来ないと思われる。
軌道は大井川鐵道に沿って進み福用駅の手前で其の役を終えた。
其の彼が使用した木馬が現在も存在していた。
恐らく博物館以外には無いんではないでしょうか。
f0212142_06055180.jpg
何時迄もお元気でいて下さい。


[PR]
# by micmacbig | 2018-04-14 06:11 | その他の鉄道 | Comments(0)

藤枝おんぱく 

毎年行われております「藤枝おんぱく」が今年も開催されます。
内容的にも興味の有るテーマが目白押しで時間とお金次第で参加したくなります。
そんな中、以前も参加したこんな
が有ります。


藤枝が誇るこだま号の最速実験の場所です。
本年は、このこだま号と藤枝駅、そして何と大井川鐵道もコラボしてのツアーです。
将に「マジカル、ミステル、ツアー」ですね。
どれも体験、体感したテーマですがそれを連続で繋げてのイベント。
大変面白そうです。

お時間取れる方 如何でしょうか。


[PR]
# by micmacbig | 2018-04-01 18:58 | 駿遠線関連 | Comments(0)

カナディアン・ブラスの「四季」

本日は人間ドックの検診でした。まあ、一応合格と言う事ですがボチボチ色々出て来ます。

まあ、そのお話ではなく帰路の車のFMからビバルディーの「四季」の春が流れてきました。
この時期ですの最適の曲と思われます。
春のみでしたので全曲聞きたくなりこれを聞いてみました。
様々な楽器、アレンジが有りますが、何とブラスでの四季です。
オリジナルの弦楽と比べると音の層の厚さを感じます。
このところ一日出る用事が続いておりますのでたまにはゆっくり聞くのも良いですね。

f0212142_15372302.jpg

ごちゃごちゃ感はご勘弁を
f0212142_15372494.jpg

好きなカラヤンの動画が有りました。ムターのバイオリンですね。

https://www.youtube.com/watch?v=4_gH3l2FNJM
f0212142_15561679.png


[PR]
# by micmacbig | 2018-03-28 15:48 | 音楽関連 | Comments(0)