人気ブログランキング |

西町踏み切りPart2

現在の北原商店は当時とは異なり、あの地域一体が区画整理でその姿は変容してしまい当時を蘇らせえる物は何も無い。
 当時の写真、地図を見ても中々それを今の姿では想像を絶するものが有るのが古道の探索の妙である。
ベテランになればピピッと感じるだろうが、新米の当方にとっては至難の業である。
どうしても目に見える現在から想像するので中々当時を被せることが難しい。

 新藤枝駅もそうだが区画整理により道路も幅やら方角やら変容するのでその位置関係を勘違いしやすい。

さて、当時の北原商店は当然現在の場所ではなくもっと線路よりの要は「西町駅」の跡に建てられたと聞く。
その前に踏切があり線路に沿って30号線が走り大手まで行っていた。
当時はその30号線がメインで西町銀座とも称されたほどである。

f0212142_5541448.gif


現在では跡地は住宅地となり当然当時を想しえるものは皆無の状態である。
30号線は冷たい土の中に静かに眠り、新しい30号線が動脈となって現在を支えている。

f0212142_5544954.gif

by micmacbig | 2010-03-11 05:35 | 地元・地域関連 | Comments(0)
<< 阿形氏の講演会 西町踏み切り >>