オリンピック

ビデオ判定が注目されている今回のオリンピックです。
体操男子もその功あって?銀メダルになりましたね。
ロンドン市民からはブーイングの続出ですが終わってみれば銅でもメダルには違いないので
満足と流石紳士の国です。

競技も大変興味は有りますが一番の興味は開会式でした。
とりわけPaulが歌った「Hey Jude」です。

大合唱となって最高の開会式では無かったでしょうか。

それよりもPaulのPianoの演奏が注目でした。

Fのコードから始まる本曲は多くのアーチストに歌われたのアンサンブルでも様々なバージョンがあります。
コード進行も複雑でないのが好まれますね。

F→C→F→C7→C7sus4→C7→F・・・・・・・
と記憶しています。

もう一度見たい方はこちらが宜しいでしょう。
[PR]
by micmacbig | 2012-08-01 09:03 | 音楽関連 | Comments(0)
<< 「安倍鉄道史」 駿遠線 相良から新藤枝まで音の旅 >>