終焉の臥竜梅

昨年はまだ咲く前の臥竜梅でしたが本年行った昨日はもう最終場面でした。
満開の時にはさぞかし素晴らしい姿を醸し出していただろう。
最後の栄華です。

f0212142_7573291.jpg


f0212142_7581151.jpg


其処から見た清水港と正面に日本平のテレビ塔が確認できます。

f0212142_833915.jpg


お寺の由来の札です。

f0212142_923395.jpg


このお寺の特徴は寺の敷地の中をJRが通っている事です。
もっとも、線路部分はJRが買収しておりますが。
当時の国鉄が線路を通す時、山と海に狭まれたこの地は通すだけの用地が無かったので
この様に寺の敷地を買収せざるを得なくこの様になったと聞いております。

f0212142_883067.jpg


f0212142_89163.jpg


旧東海道から見た寺です。
やじさん、きたさんも此所を見上げながら西に向かったんですね。

f0212142_810027.jpg


来年は満開の時に来たいですね。

こちらの臥竜梅も良いですね〜
[PR]
by micmacbig | 2014-03-11 08:13 | 地元・地域関連 | Comments(2)
Commented by やぶお at 2014-04-05 13:08 x
BEN-KEI-SHIさん、こんにちは。
清見寺にいらしたのですね。
ここはお話の通り、境内を東海道線が横切っている特徴ある場所ですね。私はまだ九州からの寝台特急(はやぶさ 富士)が健在なころ、
早朝よく出かけましたが、今ではとんと御無沙汰です。
これからサツキが満開となる季節を迎えますね。

さて話は変わりますが、私信をありがとうございます。
のちほどこの朗報を弊掲示板で書き込もうと思いますので、
どうぞよろしくお願いいたします。
感謝感激です。

Commented by BEN-KEI-SHI at 2014-04-07 05:56 x
やぶおさん 長いお時間をお預かりして申し訳なかったです。
ようやくと言う事です。
<< 迷宮入り回避 久々の佐栗谷トンネル >>