謎のトロッコ路線 大倉組?

横井軌道を調べて行くうちに段々と左右に視点が拡がり本来の姿とは変わって行く事は良く有る事です。

木馬道を調べる為に購入した「木材から再生紙展」誌に興味深い内容が有った。
我が藤枝に大倉組の製材所が有ったとの事。
地図で見ると、現在の明誠高校の近隣で有る。
大井川上流で切り出した木材を栃山川から木屋水門を通じ現小川港まで運び海運で江戸まで運んだとの事。
f0212142_07351503.jpeg

また「島田木材業発展史」に依るとそこから藤枝駅迄軌道と敷いて木材を運んだとの事。 
f0212142_07420935.jpeg
これは、大変興味ある内容である。
が表面には出ていない内容で素有るので例に依って手探りで調べて行くしか無い。
近隣の古老に訪ねた範囲では知らないとの返事のみであった。
まあ、当然の事でしょう。

そこで、市役所にて古公図を紐解くとこんな図面が見つかった。
固有名詞は書かれてはいないが何やら怪しげな線(面)が有る。
一体これは???
f0212142_07474486.jpg
この地区は昭和30年頃の土地改良で物の見事に過去を埋没させた地区で何が何だか分からない地区である。
ちなみに法務居でも同様な図面を見たがかえって煩雑さを感じた。
此の図面は該当する一部故チンプンカンプンですが、南は栃山川まで此の線が通じ何やら軌道的な要素は醸し出している。
1946年の航空写真を見ると。この栃山川と木屋川との間に何やら工場的な物を感じる。
これが製材所の成れの果ての姿なのか?
立地的に見れば大井川から栃山川で此所迄運び製材して、両川に流し入れ水運で運び出したと考えられる。
すると、この南北に描かれている線は駅迄の軌道と考えても可笑しくは無い。
f0212142_07564719.png
Aの線が駅から伸びている県道。
Bがでは無いかと思われる里道。


製材所が何時頃存在していたかは不明であるが、
運ぶ要素も終了してその軌道が生活道路に変身する例えは駿遠線も含め多々存在する。
1946年以前のデータが無いので比較は出来ないが、明治年間は住んでいる方も希少の地域と考えられる。
そして、時代が進み生活道路が完成するとそこに人が集まってくるのは自然な姿である。

このBの道路を北に進んむと数軒の民家が有る。
よく見れば家々の西側には道が存在している。
が土地改良に依って現在ではこの道は消滅している。
f0212142_08061443.jpg
f0212142_08080432.png
現在では無いが、1946年には有ったと言う事はそれ以前も有ったと想定出来る。
そして、この里道は変形はしているが栃山川迄行っている。

ここがトロッコ路線と断定は材料不足で言えないが思いたい!が心境でしょうか。




[PR]
by micmacbig | 2018-05-20 08:11 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 大倉組製材工場 その2 「横井軌道」Intermezzo >>