大倉組製材工場 アンコール

最終章で壮大なフィナーレを迎えたこの大倉組ですがその後の調査でやはりこの養護学校の地に大倉組の工場が有った事が法務局の書類で確定となりました。
「静岡県木材史」等の書籍や、古公図、地元の古老の伝聞等からかの地に有ったとされていましたが、先日法務局の土地台帳を紐解くと該当地版にしっかりと「大倉組」の所有したとの戸籍が記載されていました。

これらの、書籍、公図、伝聞に合わせてこの広大な地に工場の稼動が有った事を証明致します。

現在のブルーマップ
f0212142_06355542.jpeg
旧公図
f0212142_06355594.jpeg
台帳の一部
f0212142_06351565.jpeg
該当部分の拡大
f0212142_06351531.jpeg
法務局の証
f0212142_06345655.jpg
大倉組が所有していた地番の各々
f0212142_06392623.jpg
やれやれです。







[PR]
by micmacbig | 2018-07-01 06:41 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 第1楽章 いほはらへの道のりは... 今年の展示会は今迄に無い特別だ! >>