庵原軌道 第4楽章 勾配を感じながら西久保へ

秋葉道を段々と上り勾配を感じながら登って行くと東側に「矢倉神社」が有る。
ここは草薙神社とも関係が有り、かの「日本武尊」を奉っている。
そして、その北側には辻の地名ともなった「矢倉の辻」の存在が有る。
見れば狭っこましい場所であるがここを起点に東海道、港への道、庵原郡衛方面への道と重要なポイントとなす。
f0212142_05544976.jpg

軌道はその先、5叉路にぶつかると北東方面に進んで行く。ここに「秋葉道」の駅が有った。
その道を更なる勾配を感じながら進むと、新幹線が見えて来る。
この角にスーパー「サカマル」を見る。その昔は「鈴木製材」であり、その北西側に「西久保」の駅が有った。
恐らく、公園となっている辺りと思われる。
大きな柳の木が有り、切符売り場や待合室が建っていたと言う。その傍には給水施設や灰捨て場も有ったと言うのでかなり大きな駅と察せられる。
f0212142_05515987.jpg

さて、此所迄は現在の道を進んでいた事は確証が取れているが、ここから明神に向かっては現道と記載されている物を多く見る。
当初は私もそうだと信じきっていた。(知らなければ当然の理である。

ここで辻在住のK氏に知り合い案内をして頂いた。
土地宝典を見て行くとどうもそうでは無さそうな感が有り大雑把な線を引いてみるとかなり地形図の路線は海側に弧を書いて居る様である。
「袖師村沿革誌」に依ると、字笛吹、諏訪上、舞台大屋敷を通り神明に向かうとの表現が有る。宝典には当時の字が記載されているので
見てみると何となく地形図の路線の様な弧を感じる。
f0212142_05563486.jpg

軌道は公園から現道とは離れて進みこども園の海側に沿って進み程なくして左にカーブしながらポートガーデンの駐車場辺りから東公園と進み袖師中学校の裏門辺りに出て西久保121の駐車場辺りに進んだ。
f0212142_05523476.jpg
f0212142_05530508.jpg
f0212142_05533408.jpg
f0212142_05540506.jpg
この辺は当時は畑ばかりであり目印の無かった地域である。
それ故に都市計画で住宅地と化して廃線路は家々の下敷きになった良く有る地域でもある。
従って廻りから推測するしか無い。
アバウトですがこんな感じでしょうか?
右側の写真は1961年の航空写真です。
何となく家々の並びがそれを感じさせます。
(私が感じるだけかもですが・・・)
f0212142_06124467.png



ここに「神明前」駅が有った。
車では左程感じないが歩いてみるとかなりの勾配を感じる。
ここら辺りは「安倍鉄道」を彷彿させる。

[PR]
by micmacbig | 2018-08-27 06:00 | その他の鉄道 | Comments(0)
<< 庵原軌道 最終楽章 ラーメン食... 庵原軌道 第3楽章 軌道、東海... >>