人気ブログランキング |

庵原軌道 アンコール

「ラーメン終止」で結末の「庵原軌道」だが、精査不十分な点が有り気になり再調査に出かけました。
「神明前駅」の位置を「アリンコ」と解釈しておりましたが、地形図。土地宝典を見比べるとやや異なる感がしました。
それと、静岡新聞に載っていた「東ドレスメーカー」の裏手を・・との言葉が気になり県立図書館のメイクロフィルムを調べに。
f0212142_05595587.png


先ず、現地調査、
このお宅の玄関部分が道路と違和感を感じていた事。
f0212142_05520986.jpg
地形図から郡道まで少し余裕の有る事。
(アリンコだと郡道に接する)
f0212142_05532924.png

で、此所のお宅に眼をつけお伺いするとご主人が居られ庵原軌道は知っている。自宅が駅で有ったとお父さんから聞いた事が有る。
その昔お母さんがこの場所でドレスメーカーをしていた。
その現れとして当時の看板?が保管してあった。
f0212142_05515581.jpg

これらから、このお宅が「神明前駅」で有った事が証明された。
(とは言っても公的証明が存在していないので飽くまで 思われるの世界だが)
f0212142_05522795.jpg

では新聞にはどの様な形で記事になっていたんだろうかとマイクロフィルムを紐解いてみると、
記事としてではなく単なるコラム。であった。
そして、これは某「静岡**史」と同文である。
幾多の方々がこの書籍を読んで勘違いをし続けたんでしょうか。
見れば、笑っちゃう様な記述のオンパレードである。
はっきり言って勘弁して欲しいですね。
この様な作文は。
末尾に補足して頂きたい物です。
(これはノンフィクションです)と
f0212142_05512423.jpeg

まあ、お陰で新しい事実を掴めましたので感謝はしております。

庵原軌道の時刻表です。
ここからビックリする程のダイヤであった事が伺われます。
今の清水・静岡線よりも多いんではないでしょうか。
f0212142_05512455.jpeg

by micmacbig | 2018-09-03 06:00 | その他の鉄道
<< 役場前駅 再考 庵原軌道 最終楽章 ラーメン食... >>