カテゴリ:その他の鉄道( 95 )

最近買った雑誌

本屋さんに行くのは好きですが中々時間が取れないので大体はアマゾンかヤフオクが多いです。

そんな中最近こんな本を買いました。

特にカメラが趣味ではないですが将来の為に?

f0212142_9433513.jpg


うっかりして値段が付いたままスキャンしてしまいましたが、お得意のBook Offで見つけました。
何とタイムサービスで30%offなので迷わずGET。

初歩的な物ですが

f0212142_9473092.jpg


気軽に読めますね。

ブラタモリの影響でもないですが

f0212142_9482480.jpg


以前県立図書館で見たことがありましたが

f0212142_9492671.jpg


で、中身はこんな感じです。

f0212142_950191.jpg


よだれが出そうですよ。
その他奥山線も当然乗っております。

これで磯自慢が有れば文句なしです。
嘘自慢か磯似慢で我慢しましょう!
[PR]
by micmacbig | 2012-01-27 09:53 | その他の鉄道 | Comments(2)

天浜線のオーナーになりました

天竜浜名湖鉄道では現在11の駅で文化財オーナーを募集しております。
 http://www.tenhama.co.jp/event/2012/01/11-1.html

先日スタンプラリーに行ったり、専用線を探索に行った事もあり「金指駅」を申し込みしました。
オーナーとの言葉が有りますが土地や建物の所有権が有る訳では無いですが

f0212142_974380.jpg

一種の文化財に対しての寄付みたいな物です。


各駅80名との事ですので意有る方はお急ぎになることをお勧めします。
[PR]
by micmacbig | 2012-01-20 09:08 | その他の鉄道 | Comments(0)

専用線 訂正

昨日の専用線探索で勘違いが有ったようです。

しっかりとした予習と現地確認をしなかったのが原因ですね。
おそらくメモ地図がこうだからこれだろうと認識してしまった訳です。

このような事は他にも様々有ることなんですが、有ってはいけない事です。

例の「大洲駅」は典型的な例ですね。
嘗ての駅は現在のバス停ではないです。
99%と100%とは根本的に違います。

今回も良き勉強をしました。

専用線は川を渡ると少し右にカーブしてスズキの工場に突入しました。

f0212142_902873.jpg


黄色点線は勘違いしたコース。
赤色点線が正式な廃線路です。
[PR]
by micmacbig | 2012-01-18 09:02 | その他の鉄道 | Comments(2)

金指の住友セメント専用線探索

寒風の吹きすさぶ中O氏と共に先般訪れた天浜線の金指駅に通じる住友セメントの専用線を探索に行ってきました。

金指駅には天浜線の他、奥山線とこの専用線がひしめきあって走っていたという貴重な駅で有りました。
前述したようにあの奥山線とのクロスでの遺構がまだ存在していることも素晴らしい事です。

f0212142_1891263.jpg


専用線は天浜線の北側部分を走り、クロスの手前から北にカーブして引佐高校の西側を進んで行きます。
跨線橋の方にどうしても目が行ってしまいますが362の沿いに有る秋葉神社の常夜灯を見た方が良いですね。

f0212142_1810088.jpg

夜になると灯が灯るらしいですが残念ながら見る機会は無かったです。

高校の西側を道なりに進んで行きますが東西に走る道路とその道は繋がってしまいます。
私有地の看板がある所から左手の道を進みます。

f0212142_18104447.jpg


そしてその東西の道路をアンダースルーしていくと顔面に泣く子も黙るあのトンネルが見えてきます。
トンネルの近くは木々が生い茂っております。

f0212142_18113929.jpg


途中通信線として使われた電柱がポツンと寂しそうに立っていました。

マムシも出るので益々人は寄り付かなくなるんですね。
行くのは我々みたいな廃線鉄ばかりなんでしょうか!

湧水も出るくらいですので地盤は緩くトンネルの入り口付近はやっと歩けるくらいです。

f0212142_18133086.jpg


左右のこの石積みが良いですね~
歴史を感じさせます。

さあ、いよいよトンネルに辿り着きました。
厚い鉄の板で塞いでいます。
ここは乗り越えれば乗り越えられます。

f0212142_18162570.jpg

「開け~ ゴマ」と呪文を唱えましたが当然開きません。
これがほんとの「あきまへんわ」

中はこんなんでした。

f0212142_18165673.jpg


で、戻り県道を大きく迂回して出口に向かいましたが、吹きっさらしの遠州風は冷たいですね。
ちょうど良い所にトイレがありました。
良かった、一安心!
トイレの神様っているんですね。

電気屋さんの所を右に曲がり程なく行くと出口に通じるところに出ます。
その右側に出口がありました。
専用線ではなく農家の専用車が鎮座していました。
出口は更に高く閉ざされていますので、中には入らないほうが良いでしょう。

f0212142_18174243.jpg


で、ここからは築堤が築かれ高いところを走っていましたが廃線と同時に崩されてしいました。

f0212142_1818228.jpg

ここはかなりの広さが有りますので複線の感もありますが、あくまで単線で築堤を取り壊して広げたので
この様な広さになったそうです。

その場所の遺構です。

f0212142_18203124.jpg


で、谷津ポンプ場の玄関あたりを進んで左にカーブしながら次の遺構である赤い橋に到達します。
これは県道側からみると一人ポツンと佇んでいますので注目の的ですね。

f0212142_1819960.jpg


f0212142_18194166.jpg

渡ろうと思いましたが風も強く臆病風に追い打ちを掛けられ渡るのは断念して川に沿って進みました。

井伊谷川を渡った専用線は北にカーブしてそのまま工場に進入します。
その通路部分が廃線路をトレーズしているようです。

そのまま工場内を進んだ専用線はスズキ精密工業の駐車場に現れます。

がそれも束の間そのままスズキの中に突入してその専用線の旅は終了しました。

f0212142_18221640.jpg


帰りのラーメン屋さんが冷え切った体を温めてくれました。感謝!
[PR]
by micmacbig | 2012-01-16 18:24 | その他の鉄道 | Comments(6)

光明鉄道

天浜線ラリーに行きましたが、天竜二俣駅での光明電鉄の足跡が印象に残りました。

情報に拠りますと昭和3年に建設され北遠の鉱産物運ぶのが主流で発車しましたが計画もずさんさが有って
昭和の11年に破産に追い込まれた悲劇の鉄道です。

国鉄の二俣駅に乗り継いでいましたので教えてもらいながら探索をしました。

f0212142_9462872.jpg


すると、どうでしょうか!なんとプラットホームが残っているではないですか!!

f0212142_9375449.jpg


f0212142_9402366.jpg


石津や五十岡のホームは民家なり公園として形を変えての存続ですが、このホームは単純にそのまま存在していました。

そこから県道までの短い区間ですが緩やかなカーブが如何にも廃線路ですと言っているように佇んでおりました。

f0212142_9415193.jpg


f0212142_9423337.jpg


そして、県道の向こうには県道に対して斜めに振った家々が並んでおります。
この横を通っていたとすぐさま想像できます。

f0212142_9431896.jpg


そして、山に突入してトンネルとして向こう側に抜けたとの事です。

近所のワンちゃんです。
駅の守り神なんでしょうか!

f0212142_9442454.jpg


次に何時行けるのかは不明ですが、トンネルの向こう側まで行ってみたいです。
[PR]
by micmacbig | 2011-12-13 09:47 | その他の鉄道 | Comments(2)

岳南鉄道よお前もか

製紙の町 富士、吉原の中心交通である岳南鉄道が経営のピンチに立たされているとの事です。

f0212142_910564.jpg


聞くと、収益の1/4を占める貨物運輸が中止との事。
大きな転機に直面した。
これも時代だからで済まされてしまうんでしょうか。
何か駿遠線の後期、末期を見ている様な感がします。
味のある、歴史を持つ個人商店が大きな商業施設に押されて廃業する姿なんでしょうか。

頑張れ!頑張れ!! 岳南鉄道!!!
[PR]
by micmacbig | 2011-12-03 09:10 | その他の鉄道 | Comments(4)

さあ、牛妻目指して行って来ます、最終回

さあ、後もう少しです、頑張れ頑張れ 安、倍、ちゃん!
最後の力を振り絞って進んでいくと程なくしたところに賎機中小学校が見えてきました。
その手前の門屋同然川が山のほうに行っている処に「中澤駅」が有りました。
此処からは最終の牛妻銀座であります。

当時は大変な賑わいを見せたとの記録があります。
料理屋、旅館、その他安倍奥から来た人たちがここでゆっくりしたんでしょうね。

そこから、県道を横切って一本西側の現在歩行者専用になっているのが廃線路となります。
何か割と普通パターンですね。此処は!

f0212142_849230.jpg


この突き当りがその「牛妻駅」です。

f0212142_903962.jpg


さあ、着きましたよ最終駅の「牛妻駅」です。
かなり広大な敷地です。

やはりここもバス停になっています。
f0212142_849369.jpg


f0212142_852990.jpg


材木なんかを置いたりしていましたのでやはり広い土地が必要なんですね。
保育園の辺りからスタンド辺りまで有りました。


f0212142_850972.jpg


でも、駿遠線と同様モータリゼーションの波に呑まれ、昭和の7年にその幕を自ら閉じたのである。
井宮までのさよなら列車には一人の乗客も乗らずにお別れとは寂しい寂しい安倍ちゃんのお話でした。
[PR]
by micmacbig | 2011-11-23 09:01 | その他の鉄道 | Comments(0)

では、牛妻目指して行って来ます。その5

福田谷でみかんを一杯食べたはずの安倍ちゃんはここでもお菓子をたらふくほおばり満腹となって満足顔で下村を後にしました。
さあ、ここからは勾配も段々ときつくなります。
頑張らなくっちゃ!と力んでくれたかは解りませんが次の駅である「大土手」を目指し進んでいきます。

f0212142_8151465.jpg


やがて鯨ヶ池が右目に見えてきました。
でも、ここには大きな土手が待っていました。
難所の一つです。
例えれば駿遠線の「跨線橋」の様な。
ヒーハー・ヒーハー言いながら何とか超えることが出来ました。

ここも、第2東名やらアクセス道路やらが林立していてとても数年間も感じさせないくらいの変容ぶりです。
喘ぎ喘ぎ上り詰めた岩崎宅の畑部分にその「大土手駅」は有りました。

さあ、後もう少しです。
大土手をでた安倍ちゃんはそれまで安倍街道の西側を仲良く並走していましたが、
前面に門屋の浄水場を見据えると、吸い込まれる様に県道を斜めに横断して今度は東側をこれまた仲良く進んで行きます。
どの様な理由で東側に行ったかは解りませんがここに、その痕跡が見て取れます。

f0212142_8141926.jpg


f0212142_8144164.jpg


安倍鉄道史に拠れば橋桁が残っているとの記載が有るがはたして現在では不明です。

門屋川に挟まれて北上した安倍ちゃんを待っていたのは、門屋川が山側に大きく蛇行して開けた中心地の
「門屋駅」であった。
無人駅ではあったがかなりの乗降客が有ったと聞く。
ここもご多忙に漏れず現在は門屋のバス停となっています。

f0212142_822546.jpg

[PR]
by micmacbig | 2011-11-23 08:23 | その他の鉄道 | Comments(0)

では、牛妻目指して行って来ます。その4

さあ、みかんを食べて元気が出てきた安倍ちゃんは次の駅である「下村」駅目指して進攻しました。

此処からの道中はみかん畑が連なっている穏やかな平野部分を安倍街道に沿って仲良く行きます。
チョット見ると痕跡など見当たらないようですが、どっこい ちゃんと有る所には有るんですよ。

最近は殆ど繋がってしまっていますが時々覗かせますよ。
県道に沿って1m位の帯状の植え込みを見つける所が有ります。
これが廃線路なんですね。

f0212142_9435386.jpg


こんなのや
f0212142_9444881.jpg


こんなのも

f0212142_9453999.jpg


そうこうしている内に着きましたよ!
今一番変容している地域の下村に。
数年前には想像出来ない風景です。

このバス停が「下村」駅です。

f0212142_9491662.jpg


で、向かいの稲葉菓子店です。

f0212142_9493495.jpg


ここでお母様が書かれた紀行文を頂きました。
[PR]
by micmacbig | 2011-11-19 09:52 | その他の鉄道 | Comments(2)

では、牛妻目指して行って来ます。その3

さあ、勢いでもう1丁行きましょう。

写真の梅の屋から土手を過ぎると免許センターのバス停を左に見ます。
ここに水神橋という安倍鉄道とは関係の無い橋が有りますが、そこから南を見るとお~~~
これが生き残り証人です。(ベニスの商人とも関係無いですよ)

f0212142_10213618.jpg


f0212142_1032077.jpg


その北側です

f0212142_102258100.jpg


有りましたね~

かなりの勾配でした。ぼちぼち一服したい安倍ちゃんです。

そしたら、見えましたよ。お休み所が。
そうです唯一入れ替えが出来る「福田谷駅」です。
かなりの広さを誇っていました駅です。
山本運送前のみかん園の所が嘗ての駅でした。

f0212142_10283579.jpg


f0212142_1030297.jpg


何かの名残なんでしょうか?

f0212142_10294789.jpg


やれやれ、やっと一服できたよと喜びながらみかんをほうばる安倍ちゃんでした。
[PR]
by micmacbig | 2011-11-18 10:33 | その他の鉄道 | Comments(0)